弁護士ブログ(日々の出来事)

2020年9月19日 土曜日

今週の1週間(9月14日から18日)

   9月14日(月曜日) 今週も、弁護士会の関係の会議が多い。今日は月曜日なので、午前中はいくつかの作業をしているうちに先週末の法制審の部会のアフター会議。当然Zoom会議なのだが、金曜日の会議の速記録担当者が土曜日中にメーリングリストにアップしており、それを出席した委員が修正するという作業を終えており、それを理解検討するだけでも大変である。等としているうちに1時間はあっという間に過ぎており、IT化の問題での議論の速さに驚くといった感じになる。昼は久しぶりにロータリーへ。福岡でもコロナの影響が少なくなったということではあるが、随分久しぶりの例会になった。そういうことで、ロータリーから戻ってようやく通常の作業ができることになった。

 9月15日(火曜日) 午前中は、10月2日の福岡県弁護士会会史での座談会の内容の点検で終わる。要するにシナリオ書きだが、テーマの絞り込みもできていないので、結構時間が掛る。
 午後は、新件の建築訴訟の相談のため、現地に行く。場所は事務所から近いが、裁判になった場合に、被害の実情をどういう形で示せるのかな度、難しい問題があるのが分かる。事務所に戻って少し、作業をして今日はおしまい。

 9月16日(水曜日) 午前中は、事務所で作業。午後は、新件の刑事事件(国選事件)のために、検察庁へ記録を見に行く。新築の検察庁の中に入ったことが無かったので少し興味があった。印象は、検察庁というより法務合同庁舎という印象(つまり普通の役所)である(謄写室は以前よりは広くなっており便利になった。同じ階の公判部の部屋も広くなったようである。検事の部屋自体がどの程度広くなったのかは不明だが)。
 その後、弁護士会の懲戒委員会に出席。さらに会史委員会での打ち合わせ。私のパートの原稿は一応提出したが、全体の半分程度しか出されていないということで、会史全体のイメージがもう一つ掴めない。座談会の日程(10月2日)が迫っており、結構大変そうである。事務所に戻って、明日の午後からの日弁連の民事裁判委員会(Zoom会議)の資料に目を通す(今回は比較的資料が短くてホッとする。)。

 9月17日(木曜日) いくつかの作業をしながら、昨日の会史の原稿をさらに短くするようにとのリクエストがあったので、3万4500字をなんとか3万字以内(2万9950字)に短くする。午後は、1時から日弁連の民事裁判委員会(Zoom会議)とはいえ、5時までの長丁場なので結構疲れる(というより、この進行役の委員長は、本当にご苦労様と感じる。)。
 委員会終了後は、少し長い法律相談が1件あり、それで今日はお終い。

 9月18日(金曜日) 10時から
日弁連民事裁判員会の第1部会(やはりZoom会議)。ワークプロダクトの議論が続く。弁護士秘匿特権とともに文書提出命令の除外事由としてこの法理を認めるべきであるとした場合の問題だが、そもそも文書提出命令の除外事由として認めるべきであるかどうかの理解が必ずしも一致しない。結構、細かい議論を2時間近くして終了。12時からは、福岡県弁護士会のITWGのやはりZoom会議。昼食時の40分で終了。確かにこの程度の会議なら便利になったと思う。
 午後は、事件の記録の読み合わせなどの作業をすることで終了。ということで今週はおしまい。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2020年9月13日 日曜日

今週の1週間(9月7日から11日)

 9月7日(月曜日) 昨日の台風のため、福岡市の郊外に住んでいる私は事務所に行けず、今日は自宅に缶詰にされる3時過ぎから次第に開通を始めたが、平常通りとはいかず、お休みにする。

 9月8日(火曜日) 午前中は月曜日の代用となる。メールを見たりで終わる。午後は、日弁連のITWGのZooM会議。部会資料などは金曜日に貰っていたので、一応読んではいたが、やはり、ITの方は、設計の際の考え方などがうまく想像できず、どこも決まっていないような感じで困る。IT機器を持たない人のための支援センターでのIT機器を使った訴え提起の際の自身のアドレスをどうするのか(答弁書が返ってくる場合の通知アドレスになるが、支援センターにあるだけだと、その後は、IT機器を持たない人への連絡はどうするのか、初回期日の開き方(当然口頭弁論期日になる)は、どうするのか。原告がwebでの出席となるのかなど、どういうように考えるのか、落ち着いてシュミレーションをしないと分からないところが、たくさん出てきそうである。
 Zoomでの会議は5時まで4時間続き、疲れて終わる。今日はジムに行くことにする。

 9月9日(水曜日) 重陽の節句ていう日なのだと思う。被疑者国選事件が起訴されたので、昼間、接見に行く。思いがけず、警察署で少し待たされる。
 午後は、福岡県弁護士会の会史に掲載する座談会の内容を検討する。平成年間のおける「弁護士と裁判所との関係を考える」というテーマなので、座談会の内容と、出席者の発言シナリオも考える必要がある。民事裁判のやり方の平成年間での変容などが一つのポイントになるが、どうやってまとめるかなど結構難しい。

 9月10日(木曜日) 昨日に続いて、座談会のシナリオ作りで一日終わる(正確には、その構想作りで止まっている。)。アイデアが生まれない日は早く帰ってジムに行くことにする。

 9月11日(金曜日) 午前中に、法テラスから被告人国選事件の依頼が来る。私選弁護人の辞任ということで、国選に移った事件ということだが、名簿順には回していないということが分かる。先日から苦しんでいる座談会のシナリオで、出席者の一人から、自分の発言内容をまとめた結構長い文章が送られてくる。非常にありがたい(火曜日に泣きついたのがよかった)。ということで、今週末には、質問事項は完成しそうに思う。
ということで、今週はお終い。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2020年9月 7日 月曜日

今週の1週間(8月31日から9月4日)

8月31日(月曜日)午前中は月曜日らしく始まる。今週はエクスターン生が一緒。4月からロースクール生がスタートしたということだが、リモートでの授業らしい。法学部出身のため既修1年でロースクールの2年生ということで少しややこしい。とりあえず、今週ある期日の記録を読んでもらう。先週の被疑者国選事件が結構難しいことが分かる。事件自体が難しいという点もあるが、家族関係や小さな子供の関係もあり、いくつかの関係する行政機関からの連絡がある。
 午前中は、途中で県弁護士会の会史の冊子関係でのリモートでの打ち合わせで終わる。午後は午前中の行政との打ち合わせを経て西警察署に接見に行く。事務所に戻って、民事の弁論準備期日のために裁判所へ。ロースクール生を連れて行く。九州大学ロースクールは裁判所のごく近くにあるのだが、リモートのため、ロースクールに入学後は裁判所には行ったことがないようで、相手方代理人が遠距離で電話によるという弁論準備だったが、なかなかエキサイティングの内容でロースクール生も興味深かったようである。
 夕方からは、ロースクール生の歓迎会。今回は5名以上の宴会は避けるという趣旨で、ロー生と我々弁護士だけのささやかな歓迎会となる。

 9月1日(火曜日) 午前中は、福岡地裁の事件だが、双方電話による書面による準備手続が1件。実は、前回期日までに相手方本人が準備するといった見積書が結局今回も準備できず(相手方代理人の責任とまで言えるかは微妙)、相手方代理人も本人ではなく代理人が次回までに用意するということで、次回まで待つことになる。コロナ禍もあり、半年くらいすすんでいないことになる。
 午後は、昨日の弁論準備で、次々回の尋問がほぼ決まったため、陳述書作成の準備に入る。それに、並行して、昨日の冊子委員会での打ち合わせの結果で開催が決まった座談会のメンバーと日程の確定、座談会の内容の検討作業に入る。会史というような作業になると、どうしても福岡部会が中心になるが、福岡県弁護士会全体の流れということを考えると他の部会の会員にも座談会に加わってもらいたい。ということで個別の交渉に入る。メンバー決めは比較的順調に今日中に決まる。
 
 9月2日(水曜日) 今日は、大型台風9号が夕方から福岡へ近づくということで、夕方から予定されていたプラクティス研究会が延期になる。その前の法廷はやった(弁論準備)。建築訴訟で、事前に20頁程度の準備書面を提出していたが、図面を見ながら記載している主張内容を説明する。双方代理人とも出席で、共通の図面で確認しながらの説明となるが、40分近く説明をする。プレゼンとすると少し長すぎると思ったが、建築のような専門訴訟で専門委員のいない段階での説明となるので、裁判官の理解の程度を確認しながらのものとなるので、このくらいは仕方がないと思う。次回に相手方の反論の書面が出された段階で調停に付され、専門家調停委員を交えてのものとなる(調停委員の負担が大きいということで)争点整理までは裁判官がやり、その後に専門家調停委員を入れるというやり方のようだが、そうなると、争点整理の進行について、どの程度裁判官がイニシアティブを取ってやれるのか、あるいは双方の代理人がその点を積極的に主張できるかで随分進行が変わることになりそうである。

 9月3日(木曜日) 今日は、午前中に、刑事事件の件で、行政と色々な打ち合わせをすることで終わる。4日が勾留の10日満期の事件で、被害弁償の話などが進んだため、昼間の間に接見に行く(今日が検事調べかと思ったが、思いがけず、今日は調べがないということだった。)。午後は、日弁連の司法シンポ実行委員会にズームで出席。その後、弁護士会へ行き、法制審民事訴訟部会のIT関係の法改正に法務省調査員として参加されている上田竹志教授のIT化に関する講演会に出席する。

 9月4日(金曜日) ロースクール生は、今日が最終日。実際の記録を読むだけでは難しいと思い、訴状の起案をしてもらう。もちろん、書式は参考にしてもらって良いのだが、やはhり、それを探し出して書式に従って起案をするのは難しいようだ。要件事実となる具体的な事実のどれを拾うのか、結構悩んでくれて、エクスターンの初期の目的を果たせたように思う。また、昼間には、新件の受任を見てもらうことができて良かったと思う。ということで、今週はおしまい。明日からは台風10号での話になりそうである。


 9月3日

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2020年8月29日 土曜日

今週の1週間(8月24日から28日)

 8月24日(月曜日) 月曜日は、会史の原稿仕上げ。ロングバージョンは先週末に仕上げたので(一応14万3000字)、今日はショートバージョンを仕上げる。3万5000字への短縮バージョンにする。ロングバージョンの項目を削るかという話になる。どこを削るかを色々と考えていたがようやく決まる。水曜日の打ち合わせに間に合うようになんとか仕上げる。会史委員会では、冊子の記事の他、平成年間を振り返っての座談会をやるということになり、座談会での内容を考える必要が生じる。ショートバージョンの中身とは別に座談会のテーマの決める必要が生じる。

 8月25日(火曜日) 午前中は弁論準備が1件。こちらが出廷。午後は事務所に戻り、連絡などの作業をやっているうちに、日弁連民事裁判員会の第一部会のZoom会議が始まってしまい、結局出席できないままに終わる。とても暑い日になっていて、裁判所への行き帰りがとても大変である。午前中に終わった弁論準備の次回期日のための準備に入る。相被告代理人への依頼等の作業を行う。今日は、早めに帰ってジムに行くことにする。

 8月26日(水曜日) 午前中は、福岡県弁護士会の会史冊子委員会のチームでの会議。4人でのスカイプ会議。1時間で終わりにする。その後、月曜日に書いた会史のショートバージョンの修正を行う。午後には資料がそろったため、一応の完成版を作る。

 8月27日(木曜日) 今日は、当番弁護士の担当日。名簿上では1番最初だったので午前中に配点がある。西警察署なので結構遠い。本当は夕方に行くつもりだったが2件目までの配点はないので、午後、西警察署に行くことにする。午後は相談1件を済ませて、その後西警察署へ。その前に、メールを見ると、明日の日弁連の民事裁判員会の資料がアップされる。資料のページ数が670頁。法制審の民事訴訟法改正部会(IT部会)議事録、各種の研究会報告書などとても大部で読み込めるはずがない。とは言いながら、接見終了後、事務所に戻って法制審議事録を読む。研究会の報告書を読むまでの時間はない(研究会報告書やそこでの議事録など読むと結構勉強になるのは間違いない。)。

 8月28日(金曜日) 午前中は、昨日の当番弁護士事件の関係で、いくつかの電話連絡で終わる。午後は、日弁連の民事裁判委員会。13時から17時まで。当然ZooM会議だが、途中で西警察署に接見に行く(個人的には、酷暑の中を土日には接見に行きたくない。)。帰ってきて家族などに連絡。途中で、安倍首相の退陣のニュースを聞いたところで、今週はお終い。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2020年8月29日 土曜日

今週の1週間(8月18日から21日)

 8月18日(火曜日) 昨日までお盆休みとしていたので、今日からのスタートとなる。週の初めのルーティン作業を終えて、午前中は、双方電話の書面による準備手続。この事件は、裁判所の所在地に原告が住み、被告と双方代理人が遠方ということで、これまで書面による準備手続を続けてきた進行になっていた。今から、原告本人が裁判所に出頭し、双方代理人は電話という多少変則的な進行となる。TV会議は使っていないので、裁判所が原告被告から個別に事情を聴く場合は、代理にだけのこちらはともかく、原告本人と裁判所は対面して、原告代理人は電話で加わるということで、代理人が話す場合は、裁判所は本人の顔を見ながら、それを聞くという変な進行になる(個人的には依頼者だけが裁判所に出頭ということになるので、依頼者が何か勝手に言いださないかという点では不安にある)。なお、次回もこの進行ということで、弁論準備期日ということになった(これで次回期日には、準備書面の陳述や証拠の取調べは可能となった)。 午後は、福岡県弁護士会の懲戒委員会に出席。2時間びっちりの委員会でとても疲れる。


 8月18日(水曜日) 午前中は、建築訴訟の準備書面を書く。図面の説明を文章で書くのが結構大変。今日は、一日中これに掛り切りになる。酷暑になっているので(それに、コロナ禍もあるので)、特に事務所に来て相談ということはなく、個別の細切れの電話による相談」といったものが多く、それに中断されながら、午前中の続きを行う、というこ都で今日は終わる。

 8月19日(木曜日) 午前中は、昨日書いた書面を見ながらの打ち合わせ。建築訴訟なので、一応自分のイメージで書いているが、専門家のポイントが法律家の位置と違っており、私の文章で、その違いが建築家にとって重要であることを法律家である裁判官に分からせるのは難しい。法的に重要な違いと言えるのか、自分でも良くは分からないところがある(その場合は、本人には、私に分からない以上は、裁判官にはもっと分からないといって、本人を説得することになる)。今回の打ち合わせでは、そういう点はあまりなく、何となく無事に終了(ただし、思い違いもあり、かなりの訂正が必要になったことがやはりわかった。)。
 午後は、コロナ禍の関係での相談。事業の継続ができるのかどうか、結構難しい問題となる。いくつかのシュミレーションをしながらの相談となる。

 8月21日(金曜日) 午前中は、昨日の打ち合わせに基づく諸目の書き直し。途中で裁判所に和解のために行く。午後は、午前中の続きになる。書き直しを始めると、色々と直す箇所が出てきて、相変わらず、この手の書面の作成が大変だということを再認識する。ということで、酷暑の1週間が終わる(ただし、来週もこれが続きそうである。)。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

月別アーカイブ