弁護士ブログ(日々の出来事)

2021年1月23日 土曜日

今週の1週間(1月18日から22日)

   1月18日(月曜日) 朝、事務所で週末のメールを見ると、週末に、IT化WGの担当者が担当箇所を仕上げた様子がよく分かる。本当にご苦労様である(20日にまた委員会がある)。今週からコロナのためロータリーの例会もお休みで事務所から出られない。今日の裁判も期日が延期になる(これは、コロナのためと言うより、別の事件の進行待ちだったところ、そちらが進行しないということで「追って指定」になったもの。)。
 午前中は、契約書の作成を手伝う。自分で作った方が早いかとも思うが、まずは自分たちで作って貰い、それを検討するほうが担当者の理解が深まるので仕方がない。午後は、別の事件でつぶれる。

 1月19日(火曜日) 今日も寒いなと思う。午前中は何となく過ぎてしまう。午後は久しぶりの法律相談センターでの法律相談。債務整理の事件が多い。このところ、弁護士事務所の宣伝広告のために、法律相談センターでの相談件数が減っているように聞いていたが、そうでもないようである(法テラスの相談など無料相談が増えていることも影響している)。ただ、例の持続化給付金の他の緊急の生活資金の貸付制度が充実したため、よく分からない公的な債務が増えているような気がする。

 1月20日(水曜日) 午前中は、福岡県弁護士会の会史の編集会議。いよいよ、原稿が集まり、編集会議の中盤から終盤に入ってきた。検討対象が目次やレイアウトといった問題に移っている。
 午後からは、日弁連のIT化WGの会議(Zoom)。13時から16時過ぎまでのロング会議となる。WGで起案した中間試案に対する日弁連の意見書案について、日弁連正副会長会議で承認されれば、各単位会や日弁連の関連委員会への意見照会が行われ、2月中旬のそれぞれの常議員会や委員会で検討されたうえ、それぞれの委員会の意見が提出されることになる。当然、各単位会の関連委員会の員としてその一部の起案が回ってくる(日弁連の委員会でも同じである)。そうなると、意見書案をきちんと読んでおく必要がある(なお、これに出たため、県弁護士会の懲戒委員会を欠席する結果となってしまった。)。

 1月21日(木曜日) 午前中は、月曜日の打ち合わせでの契約書の再度のチエックを行う。昼は福岡県弁護士会のITWGの会議(Zoom)。昨日の日弁連の会議でも問題になったチームズの使い勝手の悪さが議論になる。自分が普段使っているローカルアカウントをそのままチームズのアカウントに使った場合の不具合が指摘されており、ローカルアカウントをそのまま裁判所で使うアカウントとしない方がよいようである(まだはっきりしない。)。当初は、一人1アカウントという鉄則に従うとなっていたが、複数のアカウントが持てるというようであるが、その関係がもう一つ分からない。自分のローカルアカウントを裁判用に使うのは気になっていた(色々な情報が入るため見落とす可能性がある)。 これがどうなるのか、フェーズ1は始まっているのにと思う。
 その後、昨日の法律相談の続きの相談を受ける。預金通帳の記載(紙でない通帳もあるので紙に落としてきてもらう必要がある。それだけでも手間である。)に、怪しげなところへの出金や入金があり、改めて、こちらでインターネットで調べる。思いがけない投資詐欺だったりする(本人もよく分かっていない。)。ネットで調べるのは、そこでの記述が正しいという保証がないので、いくつかの記載を見ながらということになるが、とても時間がかかる(読むだけでは無くて、理解するのがむずかしい。そういう場合は仮想通貨のもうけ話が間に入っているので、更に難しい。)。

  1月22日(金曜日) 昨日の続きの契約書の作成は、私が修正して仕上げる(担当者の話を聞いてその契約書の意味が分かった。そうなると弁護士の方が早いし正確である。)。
 その後は、昨日の続きの投資詐欺の関連するネットサーフィンになる(時間を区切らないといつまでもやっていることになる)。気を取り直して、また中間試案に対する意見書を読む(意見書そのものは全体で110頁だが、前提となる法制審の議事録を読むとなると大変である。)。そうすると、やはり、自分の頭の中で基本的なところでのイメージが作られていないことが分かる(例えば、口頭弁論期日では、双方代理人弁護士と本人がネットで出席できる(全部で4か所をつなげる)。傍聴人は法廷で傍聴する。当事者が法人の場合、担当者(代表者ではない)は、法人のアドレスを使ってITで参加することはできないと思われる(法廷なら傍聴席にいる)。ところが、弁論準備期日では、法人の担当者は裁判所の許可を得て準備手続室に入れる(場合によれば発言もできる)。そのため、弁論準備期日では、法人のアドレスで担当者もITでつないでもらえることになるのだろうか。もし、そうなると、口頭弁論期日ではどうなのかが問題となる。その辺りはIT化についての考え方にもよるかと思うが、実務的には問題なりそうである。
 などと、言いながら今週はこれでお終い。
  

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2021年1月16日 土曜日

今週の1週間(1月12日から15日)

 1月12日(火曜日) 先週の後半から雪に閉じ込められていて、土日は一歩も家から出ていない。昨日はスポーツジムなどいつもの日曜日といった感じで、今日が火曜日というのにはどうもなじめない。ただ、先週金曜日のアメリカの議会が占拠されたというのには、やはりびっくりだった。日本で言えば国会議事堂が占拠されるということだから、ただ事ではない(トランプ大統領がそれを煽動したのかどうかはさておく)。むろん、世界を見ればそういうことは決して稀なことではないようなのだが(国会が抗議する群衆に包囲されるというのは、世界中で起こっていることで、それからさらに群衆が国会内になだれ込むというのも稀ではない)、それがアメリカで起こるというのは信じられない(議会警察という組織がどの程度の規模なのか分からない。ホワイトハウスの警備は厳重のようだが、それほどまではないとしても、武装警察なので(射殺された人がいる)、そんなに簡単に侵入を許すものなのかと思う―陰謀論の積りは全くない。)。むしろ、予測していないことに対する対応は難しいということを改めて知らされたということだろうか。議会に向かった群衆に、議会での大統領選の承認を阻止することが必要であり、その点についてトランプ大統領も認めたという認識があれば、その行動を阻止するにはそれなりの準備が必要だった議会警察は認識すべきだったということであろう(議会内への侵入は許されていると思っている訳だから、対応する議会側の準備にはかなりのものが必要になると考えておかなければならなかった)。そういう結果を招いたのだから、トランプ大統領の発言は、それを煽動したという見方が出てくることになろう(トランプ大統領自身にそういう認識があったのかどうかは、また別の問題である)。
 これが、直接民主主義の持つ一つの怖さなのか、陰謀論にとらわれた集団の怖さなのかはわからないが、現代社会の持つ怖さの一つの現れなのかもしれない。
 週の初めなのに、あまり仕事をしていないように思える。明日はがんばろう。

 1月13日(水曜日) 午前中は、結構長い打ち合わせでほぼ使われてしまう。午後は、Zoomでの日弁連のIT化WGの会議。13時から18時過ぎまで続く。私は担当が無かったが、担当箇所を持つ委員はいつものことだが大変である。やはり、IT化の義務化に向けての感覚が微妙に違うので、その差が出てしまう。1年前は、一般的な義務化に絶対反対という意見が強くて(紙で出す権利が保証されていると意見があった)、そういう考えは30年、50年後もそれでは通らないだろうし、弁護士などの士業者への義務付けはやむを得ない(会内でなんとかしろという意見には反論できないのではないか)と思っていたが、そういう意見は少数派だった。
  それから1年が経ち、中間試案が出された今回の議論では、デジタル弱者が多く存在していることを前提に(将来的には)義務化に賛成(甲案)とはっきり言うのか、それとも弁護士についての義務化は認めるが一般的な義務化については賛成しない(乙案)と言うのか微妙な問題となった。結局、段階的な義務化を前提とするという案になったが、弁護士会の全体では色々な意見があると思われる。
 もう一つは、やはり新たな訴訟手続に対する評価である。従来から議論されてきた迅速化を念頭に置いた議論から、今回は、当事者の合意に重点を置いた提案(乙案)も出されており、この評価で分かれる。WGでは、乙案に修正(弁護士選任が条件)の他に、当事者の申立によるある程度自由なこの手続きからの離脱も考えられて良いという意見が出された。個人的には、前の段階からこの意見に賛成だったので、議論の進歩が見られてうれしい(迅速化促進という発想がなくなったのかは不明である。)。

 1月14日(木曜日) 午前中に裁判所に行く。ずいぶん久しぶりである。刑事の判決言渡し期日なので裁判所に行くのは当然である。無罪主張だったが、判決は有罪。ただ、納得が出来なかったのは、被告人が検察官による勾留質問前の調書の際に勾留の対象となる事実についてした説明とこの法廷での説明と違いがあることをもって、証言に変遷があるので、法定での証言は信用性がないとした点である(この点は、検察官も強調していた)。検察官の勾留質問の際の調書はとても簡単なもので(自分が司法修習生の頃はそうだった。)、被疑者の言い分を正確(と言うより丁寧)に書いていたとは思えない(今は違うかもしれないが、その段階での検面調書が後日の裁判の際に検察官から証拠として取調を請求されることがないので、やはり、検察官も信用性が低いと思っているのではないかと思う。)。逮捕後間もない段階なので、被疑者も(特に最初から否認の場合)正しい説明をしようとは思っていないので、そのときの証言から変遷があるというので公判廷での証言の信用性は低いというのはどうだろうか。
 午後は、ようやく仮処分の申立てが出来て、少し解放された。良かった。それで気持ちよくジムに行ける。

 1月15日(金曜日) 暖かい一日になった。午前中は、福岡近郊の警察署へ。告訴状の提出とその説明だったが、中で3時間ほど事情(背景事情が中心)を聞かれる。正式に受理されるかどうかが難しい問題なので、かなり質問されるのは当然だが、当事者を差し置いて、弁護士だけに長く訊かれるのは珍しいと思う(事件が複雑な故かと思う。)。
 予想外のことで(1時間もかからないと思っていた)、事務所に戻るのが遅れる(それに結構疲れる)。
 そのため、午後は多少惰性の仕事で終わる。日弁連のIT化WGの担当者は、先日の議論を経ての文章の書き直しをしているところであり、それを考えると楽な週末となる。ということで、今週もお終い。

  


投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2021年1月11日 月曜日

今週の1週間(1月5日から8日)

1月5日(火曜日) うちの事務所としては仕事初めとなる(ただし、個人的には3日に事務所に来ていたので2日目である。)。午前中は、メールのチエックなどで終わる。事務所のアドレスなので、さすがにメールでの年賀状はない。年賀状のチエックも午前中の仕事となる。メールは、法制審での民事訴訟法のIT化に関する中間報告について、日弁連のIT化WGの担当者による個別の報告が主である。皆さん、十分考えたうえでの報告なのだが、中間報告の議論がどういうことを前提としてまとめられているのかがもう一つ分からないので、落ち着いて読んでも、もう一つ分からない。
 議論を呼んでいる「特別の訴訟手続」(名称が変わった)についても、新たな提案内容となっている乙案についても、第1回期日までの共同の申し立てとされているが、そもそも第1回期日というものが、IT機器を使った場合にどういうイメージなのかがはっきりしない。原告がITを使って訴えを提起する。裁判所と第1回期日を協議し、その場合、原告は第1回口頭弁論期日にITで参加すると裁判所に告げることになる。裁判所は郵便その他を使って被告に連絡して(事件番号等の連絡)ITで参加するように促す。被告はITで訴状や基本的書証を受け取り(これで送達ありとなる)、その後、自身の弁護士にその旨を連絡する(弁護士を付けない場合もある)。被告がIT環境にない場合はどうするのか。裁判所にITを使って連絡できないので、裁判所は改めて、郵便で訴状や基本書証を被告の住所に送達することになる(ここまで一定の期間が必要になる)。その場合、訴状や基本書証を紙に落とす作業を誰がするのか(裁判所か原告か)は不明だが、やはり、一定の期間を要するので、第1回期日には間に合わない場合が多い様に思う(積極的に期日を変更することになるのかどうか)。
 基本的なところのイメージが出来ていないので、やはり、その後を考えるのは難しい。

 1月6日(水曜日) このところ結構寒い。明日からはもっと寒い。今日は当番弁護士が当たっている。現在は福岡地区では毎日12人が担当しているので、連絡がこない可能性も高い(だいたい、3回に2回の出動要請といった感じである。)。このため、事務所で待機(当然別の作業をする)だが、幸いにして当たらず。いくつかの作業ができた。
 いくつかの資料の整理(要するに不要なものの処分)に時間を掛ける(こういう時にしかできない。)。断捨離ではないが(思いの有無では捨てられない)、結構不要なものを抱えていたことが分かる。

 1月7日(木曜日) 寒い(ここしばらくはこのフレーズが続きそうである)。午前中、少しバタバタしたら、午後は日弁連の司法シンポのZoom会議となる。13時から17時近くまでの会議だが、シンポそのものの開催が迫ってきている(本年11月)ので、それぞれの部会でに準備が急ピッチに進んでいる。3部会に分かれているが、他の部会の進行の程度は分からないので、すごく貴重な会議なのだが、他の部会の説明を聴いても、自分の理解が正しいのかどうか、自信がない。Zoomでの会議のため、きちんと参加できていない自分に問題があるのだと思うが、今さら聞けないような疑問点が結構ある。
 あすは、雪のため交通機関にかなり障害が出そうな雰囲気である。今日も早く帰ることにする。

 1月8日(金曜日) やはり、家の周りは雪景色。駅までは結構厳しい。数年前もこういうことがあり(2016年2月)、大変だった。それと同じなった。事務所で少し作業をして、昼は福岡県弁護士会のIT化WGのやはりZoomでの会議。日弁連の動きなど説明しなければいけないところがあるが、未確定なところもあり(と言うより私の理解が不正確なところ)、どこまで報告するのか悩ましい。
 午後は、いくつかの作業をして、早めに事務所を出る(帰りの交通機関のため)。明日からは雪のため、家に閉じ込められそうである。
 1月
 

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2021年1月 4日 月曜日

今週の1週間(12月28日)

 12月28日(月曜日)今週は、今日の月曜日で今年はお終い。本当は、午前中に、法制審の民事訴訟法改正(IT)部会(12月25日)の日弁連のバックアップ会議(Zoom会議)が予定されていたのだが、よんどころない事情で欠席。
 福岡近郊の警察署への被害届(告訴状)の提出に行く。こういうところで「年内納め」というような微妙な感覚が働くのが、暦というか区切りというかそういう感覚である(もちろん、年内に出してすっとするという感覚もあるが、年内に出さないと、ついつい1月中旬になってしまうかもしれないという恐れをある。)。ということで、少し警察署で被害者と一緒に被害状況を説明し(これに時間が掛る)、事務所に戻れたのは午後2時と結構いい時間になってしまった。そうなると、今年ももうあまり時間がないというような感じになる。
年賀状の出す先の確認などしていたら、5時を過ぎてしまい、今年も終わりとなった(明日からは寒そうなので事務所に来たくない。)。
 皆さん、良い年末をお過ごし下さい、ということで今年もお終いです。
  


投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2020年12月27日 日曜日

今週の1週間(12月21日から25日)

  12月21日(月曜日) 今年もあと1週間。特に忙しいわけではない。裁判のほうは、特に年内に終わりにしたいというものはない(以前は、年内の和解をしようというような感覚があったが、最近はそういう感覚がない。手持ちの事件でそういう事件が少ないという訳でもなさそうである。コロナの関係で、裁判所へ行かなくなったということも影響しているのかもしれない(以前は、裁判所と気持ちを合わせて、年内に解決しようと双方当事者を説得するというような感覚もあったが(次の期日を年内ぎりギリに入れて和解を試みるなど)、最近では双方代理人が裁判所に行かず、当然本人も行かないのでそういう土壌作りもできない。そういう意味でいうと、まさに淡々と年末を迎え年を越す、という感じである。
 昼はロータリーのクリスマス会。これも例年、家族を交えての夜間のパーティーだったものが、会員だけでの昼間の1時間のものになった。コロナを恐れてである。世間的に見れば、高齢者の集まりなので、それは仕方がない。
 事務所に戻って、日弁連の民裁判委員会(Zoom).やはり、発言がしにくいのは間違いない(資料が膨大でとても事前に目を通す余裕がない。)。

 12月22日(火曜日) 午前中は、契約書の作成に関する打ち合わせ。3者間での契約書を作りたいということなのだが、三面契約はやはり難しい。3つの局面(AとB、BとC、CとA)でのそれぞれの権利義務の内容を確定させるまでは難しくないが、AとBの間での債務不履行が生じた場合に、BC間、CA間での契約にどう影響するのか、を考えただだけで急に難しくなる。宿題をそれぞれ持ち帰って検討することになる。
 午後は、少し前から続いている事件での打ち合わせ。いよいよ最終段階になってきたが、これからが、きちんとまとめる必要があるので結構難しい。依頼者にはなかなか分ってもらえない弁護士の苦労する時間になる(これで時間が掛るということは依頼者には分かりにくいことのようである。)。

 12月23日(水曜日) これまで休みだった日。この日の次がクリスマスで年末が大変だった。いずれしても、この日は年賀状の裏面を完成させる日である。来年の年賀状の裏面はコロナで埋め尽くされる。そして、「コロナに負けずにガンバローの1年」と言う感じになりそうである。少し違うものを考えよう。
 午前中は、少しだけ福岡県弁護士会の会史の打ち合わせ。スカイプでの会議だが、スカイプを使うのは久しぶり。会史
もいよいよゴールが見えてきたようで、来年5月には、刊行の予定である。私の関係するパート(「民事裁判」の原稿と「裁判所と弁護士」というテーマでの座談会)の仕上がりを急がなければならない。ということで、昨日、座談会の原稿(速記録に各座談会出席者に補充をして貰ったもの 5万7000字)の2巡目が戻ってきたので、手直しを始める。
  午後は、相談が1件。それに久しぶりに裁判所へ行く。建築関係の訴訟のため電話では難しかった。しかも、相手からの書面が実質的に2期日(3か月)遅れて期日の当日提出されるということもあり、結果的に双方出席での弁論準備にしておいて良かった(こちらの書面は8月に出していたので、書いた当方も内容を正確に覚えていないという問題もある。)。提出された相手からの書面も総論的な書面(3頁)にとどまっており、次回の期日で、裁判所でやるべき子おTの確認をするということで終わる(ただ、これをやらないと、裁判所から「反論してくれ」ということだけで終わってしまう可能性もある。このため、その書面が出された後にやるべきことの確認をしておく必要があった。)。
 今日は、日弁連のIT化WGの会議(Zoom)もあったのだが、途中で抜けてしまった。
 
 12月24日(木曜日) 今日はクリスマスイブ。早めに切り上げることになる。昨日の続きの弁護士会の会史の原稿との修正と座談会の内容の編集で終わる(他の発言者の内容も一部変更した。「勝手に」ということになるが、きっと了解してもらえると思う。この部門では一応責任者ということになるので)。
 これで一応福岡県弁護士会の会史の方は終了と言うことになるはずである(あとは、編集者に任せるということになるが、今後も色々な修正要求が加わるかもしれない。) 

 12月25日(金曜日) 時間があったので、中断していた22日の次の作業に入る。やはり、色々と付け加えるべき作業や、確認すべき事項が出てくる。文章にすると、そういう問題が出てくることは予測していたが、今回は、付け加える事項とともに、大幅にカットすべき事項にも気が付いてしまい、どう直そうかということで、結局一日が終わってしまった。月曜日の完成を期待したい。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2021年1月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

月別アーカイブ