弁護士ブログ(日々の出来事)

2015年2月13日 金曜日

今週の1週間(20月9日から13日)

2月9日(月曜日) 先週に続いて寒い週が続く。今週は、日弁連にも行かないので、まとめて仕事をしようと思う。午前中は、破産事件の管財人の報告書を書く。午後は、RCから労働委員会へ。来週の審査事件の事前の打ち合わせ。2時間以上をかけてみっちりやる。事務所に戻って、気になっていた先々週の事件の記録読みをする(先週は、日弁連と岡山弁護士会に行ったため読み直す時間が無かった。)。このため、夕方からの家裁での協議会に行きそこなう。

2月10日(火曜日) 午前中は、相談が1件。午後は裁判所に2回行く。刑事の控訴審の判決を聞いた後、事務所に戻り横浜地裁の事件での電話会議。裁判所に戻って、専門委員を交えての弁論準備。この時期は、裁判官の移動をにらんでの作業となる。1時間ぐらいかけて、専門委員と議論する(口頭でのプレゼンテーションとなる。)。夕方には、事件の相手方が来所。事件の説明で1時間半ほどかける。その後は、午前中の続きをする。

2月11日(水曜日) 建国記念日でお休みではなく、事務所で昨日の続きで書面を作る(第1案はとりあえず完成。ただし、今までの証拠の整理がっできていないことに気が付く。明日、裁判所の記録を確認することにする。昨日相談の事件の答弁書も作ておく。

2月12日(木曜日) 午前中は、裁判所に行き、その後相談が1件。午後は、必要に迫られて10年以上前の記録を読み直してそれに関するペーパーをまとめる。この予定外の作業のため、今日は早く帰て、スポーツジムへ行く。日弁連の他の委員会からの民事裁判委員会への意見照会が、事実上のものを含めて出される。締切までがすごく短くなっている。

2月13日(金曜日) 午前中に、交通事故の訴状をようやく書き終える(書証もそろえた。)。その後、裁判所で高裁の弁論準備が1件。午後は、労働委員会。帰ってきて、作ってもらっていた訴状と証拠を確認する。事務所に戻って相談が1件。今日も日弁連の委員会に意見照会がされる。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年2月 6日 金曜日

今週の1週間(2月2日から6日)

2月2日(月曜日) 昨日の後藤経健二さん殺害のニュースから一日経過数する。
  今週は、火曜日夜に東京に向かい、水曜日が東京、夕方福岡に戻って木曜日の午後は岡山へ。1泊で金曜日に福岡に帰ってくるというスケジュールなおで、月曜日と火曜日しか時間がない。
 にもかかわらず、月曜日は、淡々と過ぎる(交通事故の訴状作成で終わる)。昼はRCへ。その後も、たんたんと終わる。

、2月3日(火曜日) いくつか準備書面を書く。その後は、明日の東京での日弁連と最高裁との協議のための準備。夕方から裁判所での民事手続協議会の準備会に出る(テーマは、集中争点整理期日」のプロモーション)。その後、7時40分に事務所を出て、空港へ。9時の飛行機で羽田に向かい、品川のホテルへ。

 2月4日(水曜日) 午前中は、日弁連と最高裁との基盤整備部会。労働審判の支部での実施、非常駐支部での開廷日の拡大などがテーマとなる。午後の飛行機で事務所に戻る。メールをチェッゥしていたら、日弁連の他の委員会からの「事実上の意見照会(期日が2月5日)というのが来ていた。委員長として一応読む。

 2月5日(木曜日) お昼の新幹線で岡山へ。このところ福岡空港にいくことが多いので、博多駅を乗り過ごしそうになてあわてる。2時前に岡山に着いて、3時からの会議に臨む。争点整理における口頭での議論、その際のノンコミットメントルールなどを議題とするが、ノンコミットメントルールをどこまでやるのか(無責任すぎないかなどの意見を出され、このイメージの定着には少し時間がかりそうに思う。)その後、岡山弁護士会と岡山地方裁判所との協議にオブザーバーとして参加させてもらう。岡山では年に3回も協議(懇話会)と実施し、さらに年1回はシンポジウムをされていると聞き、そのエネルギーに驚く。

 2月6日(金曜日) 午前中に福岡に帰ってきて、電話会議が1件。午後は事件の打合せが続く。その後、2週間後の破産債権者集会の準備で、破産者の債権といわれているものが本当に債権として存在するのかどうかの確認のために、債務者のところに行く。手紙を出しても返事のない先なので、一回はそちらに行っておこうと重い、訪問を実行したが、相手に居留守を使われる。表札が出ていないので、そこの住民が本当に対象者なのか不明なので、無理はできずに帰る。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31