弁護士ブログ(日々の出来事)

2015年6月26日 金曜日

今週の1週間(6月22日から26日)

6月22日(月曜日) 午前中は、高裁の準備書面を書く。1週間後の火曜日が初回期日なので、今日か明日にでも合議があるのでないかと思われることから、急いで書面を作る。
午後高裁裁判官との協議会へ出る。証人調べの実施が議題となる。裁判所からは事後審である点が強調されるが、個人事件など当事者の顔を見ないと分かりにくい(イメージがつかめない)などの事情はないのかとも思う。夕方からは、RCの懇親会(RCでは6月末が年度終わりなので、お疲れさん会となる。

6月23日(火曜日) 午前中は、管財事件での債権者集会。次回までに不動産を売却して配当することとなるが、来月また集会をもつこととなった。残る作業は、売却しかないので、もう少し先の期日でもよいのではないかと思うが、結構、裁判所もまめに期日を入れるので困る。今日は、ジムに行こう。

6月24日(水曜日) 午前中は、もう1通の高裁の準備書面を作る。この事件も、合議が来週初めに予定されているようであり、急いで作る(前回の提出時に、数日中に提出すると言っていたこともあって、提出する。午後は、別の事件の記録をまじめに読む。代理人の権限濫用については、民法93条但書の類推適用が確定判例だが、代表者の権限濫用(図利行為)について、これが使えないのか考える。代表者と相手方との共同不法行為(背任)という個性も可能かなどと考える。
午後は、最高裁協議の基盤整備部会の打ち合わせ(私は、電話会議で参加)。

6月25日(木曜日) 午前中は、別件での訴状を作成する。産業廃棄物に関する訴訟なので、真面目に廃棄物に関する法律を読む。訴状を書くとなると、廃棄物の放置されている状態を示すための証拠つくりがやはり難しい。午後は、もう一つ、不動産取引に関する訴状を作ってみる。それから交通事故の和解が1件。相手の弁護士の努力もあって成立。後で気が付いたが、LAC利用だったが、振込先を本人の口座とした。損害額計算の際には弁護士費用分を入れての和解だが、本人に入った賠償金には弁護士費用(1割)も入っている。この場合、弁護士費用は保険会社から貰えるのかどうか。和解額の算定の際には弁護士費用分も含めて本人の口座に入金されることになった。そうなると、弁護士費用は、その人にも請求してよいとなるようである。

6月26日(金曜日) 午前中は、水曜日の続き。午後は、家裁で夫婦間調整の調停事件。双方に弁護士だが付いている。最終的には、取り下げで終了する(ただ、別居開始時をもって破綻日と認定することもあって、将来の不安が残る。)。不調の場合、すぐに裁判を起こせる危険があるという問題となる。


投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年6月19日 金曜日

今週の1週間(6月15日から19日)

 6月、梅雨である。九州特に南部は雨が多い。

 6月15日(月曜日) 午前中は、このHPの管理をしてもらっている会社から、スマホ対応の画面に作り直さないかというプレゼンを受ける。うちのHPへのアクセスは毎月1500件くらいということで、それは弁護士事務所としては結構上の方らしい。そのアクセス数がHP開設時からあまり変わっていないという話である。ただ滞在時間が短い。その原因はスマホ対応が無いので、この画面では見にくいということから、すぐに出て行かれているという分析である。とりあえず、結構多くの人に事務所のHPを見てもらっているということに感謝しなければならないと思う(素直にうれしいというのもあるが、だれかに、無理して見てもらているのかとも思う。)。
 そういう話も聞きながら、午前中に、控訴理由書(25℘)を完成させる。午後はRC。その後は労働委員会へ。事務所に戻って、高裁の別の準備書面を書く。


 6月16日(火曜日) 午前中は、弁論準備が1件。消滅時効が絡んでいて難しい。債権を二つに分けて一部の弁済をした場合は、残部の消滅時効の中断事由になるのかの問題とその二つの債務について債権者債務者間でどの程度まで詳しい協議をしたら債務承認になるかという問題。
午後は、専門委員を入れた弁論準備期日だったが、裁判所から専門家調停について意見も求められる。一人の専門委員では足りないほど難しい事件ではないので、真意が何なのか不明。弁論準備を並行した行うということなので、裁判所が調停委員に丸投げするという話ではなさそうである。
 事務所に、いたら、読売新聞の記者から取材の電話。地裁での合議の活用についてどう思うかとのコメントを求められる。基本的に賛成だという意見と、困難事件につき合議を積極的にやるなら、支部での合議も増やすようにという、基盤整備の担当者としての意見も言っておく。

 6月17日(水曜日) 今日は、午後に長崎家裁での調停がある。そのための主張書面を書くのに時間がかかる(当日提出となったのは、相手からの求釈明があったため。)。
ただ、離婚じけんおため、双方の財産状態を明らかにする資料の提出の期日のはず(求釈明もそれに関する釈明だった。)なのに、相手がら資料の提出tが無く終わる。当方が不貞行為を認めないと財産内容の開示に応じられないという話で、 振り出しに戻る。
 長崎までの行き帰りは、佐賀平野をのんびり行くJRの旅となる。田植えの時期なのだが、佐賀平野の田が、1枚の田が大きいのに気が付いた(どうでもよいことだが。)。

 6月18日(木曜日) 午前中は、相談で終わる。午後は、破産の終了集会。時間が空いたので、遅れていた事件に取り掛かる。もう一度、最初から見直さないといけない事件に気が付く。でも、今日は早く帰ってジムに行く。

6月19日(金曜日) 6月の今頃は、多くの弁護士にとって、頭の痛い時期ではないだろうか。住民税と国民健康保険税の納付書が送られてくる時期である。所得税は源泉分があるので、還付になる場合もあるが、住民税はそうもいかない。住民税を一括で払うと、すぐに健康保険税が来る。健康保険税は納付の上限額が決まっていることもあるが、それでも、二つ重なるように納付書が送られてくる。今日、この支払いも完了した。これで、きれいな体となる(実は、すぐに個人事業税が来るのだが。)。それに、遅れていた弁護士責任保険の更新もする(パソコンの画面を見ながらになので、かえって面倒になった。)
 今日は、遅れていた家事事件の主張書面を書き上げておしまいとする。


投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年6月13日 土曜日

今週の1週間(6月8日から12日)

ようやく、今週の1週間においついた。

 6月8日(月曜日) 朝は、歯科医へ。相変わらず、お姉さん(歯科衛生士)の歯磨き指導を受ける。半年に1ち度の義務である。
 その後、選手っからの宿題の陳述書と準備書面のツウd木をやる。その後、RCへ(6月末で今期も終わるので、今年度を振り返る。)。午後は、新件の相談。会社の再生を引き受けたところ、簿外の帆h層債務の存在が分かったというもの。対応が結構難しい。

 6月9日(火曜日) 午前中は、土地を買うこおtも決まっていないのに、建物の請負工事契約書を作らされたという相談。特定商取引法違反の問題もありそうである。その後、裁判所で電話会議が1件。 それから、FCでの加盟店の事業の承継の問題で、結構難しい。。その後、昨日の続いて準備書面の作成。20枚くらいになる。今日は、スポーツジムに行くことにする。

 6月10日(水曜日) 午前中は、昨日の午前中の分で、内容証明を作成。午後は、市役所での法律相談。3時間をしっかり6件の相談に当てる。その後は、新件についての資料読み。
  日弁連の職員の定期異動で、民事裁判委員会や民事司法改革推進本部、最高裁との協議などでお世話になった江○さんが、いよいよ移動となった。私の委員長退任と同時となった。時期の委員長には申し訳なく思う(無論、私が人事を決めたわけではないので、責任を感じるわけでhない。)。長い間、委員会を支えていただき本当にありがとうございました(ここに書いても、あまり意味はないかもしれないが、気持ちはきちんとあらわしておきたいので。)。
 
 6月11日(木曜日) 午前中は、とにかく、準備書面を書き終える。ほかに2件ほど相談。午後は、佐賀まで少し遠出する。結構気を使う会合だった。事務所に戻って少し整理をしていたら、やらなければいけない分に気が付いてしまい、スケジュールを立てるだけで終わる。

 6月12日(金曜日) 午前中は、打ち合わせで時間を取られる。そのおG、来週の尋問の打ち合わせで終わる。夕方からは、裁判所で民事裁判についての協議会に出る。これで今週はおしまい。



投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年6月12日 金曜日

先週の1週間(6月1日から1日)

先週の1週間を書く。

 6月1日(月曜日) 午前中は、労働委員会で、不当労働行為の審査事件。事務局との事前の打ち合わせのために早めに行く。審査事件は、基本的に民事訴訟手続と同じ進行で、弁論主義が適用されるが、早期の判断を示すということから、担当委員のイニシアティブをとる子おtが多い。労使双方とも弁護士が代理人と手続きが終わる。不当労働行為の有無という狭い範囲での認定なので、それで良いのかもしれないが、少し疑問が残る気もする。

 午後はRCへ向かい、その後は、事務所で先週からの宿題の陳述書つくり。夜まで、みっちりやるが、完成までには、まだまだかかりそうである。

 6月2日(火曜日) 午前中は昨日の続き。並行して、準備書面も作らなければならない。現時点では、陳述書がまだ10枚、準備書面も同じくらいで、今日は終わる(念のために、何軒かの相談もやっている。)

 6月3日(水曜日) 今日は、6月に1回だけ予定されている東京行。1時から土地家屋調査士会との勉強会。今日で4回目となるが、筆界特定制度発足10年を迎えるということ3時からは、での日弁連との協議である。
  その後、3時から日弁連の最高裁協議(基盤整備部会の打ち合わせ。最近は、福岡の事務所で電話で会議に参加しているので久しぶりとなる。終わって、福岡へ帰る。

 6月4日(木曜日) 木野は、事務所に戻らなかったので、陳述書の続きと準備書面の続き。改めて証拠の読み直し。というより、編集のし直し。今日は、スポーツジムに行くことにする。

 6月5日(金曜日) とりあえず、陳述書を仕上げる。本人に送って訂正してもらう。微妙なニュアンスの違いもあって、やhり、難しい。
  なのとなく、終わった1週間だったようだ。  。、

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年6月 9日 火曜日

先々週の1週間(5月25日から29日)

 ホームページが開けなくなっていしまい。パスワードを見つけるのに時間がかかり、タイトルが、先々週の1週間になっていしまった。10日以上前ののことなので、覚えているかどうか不明である。とにっかうはじめよう。、

5月25日(月曜日) 5月は、日辯rねの各委員会の最後の委員会となる(つまり、私が委員長なのは、今日が最後となる。)。いつものように、5時に起きて、7時40分の飛行機で、羽田に向かう。日辯連会館委は10時に着く。。11時からの委員会の前に一人で予習(資料が厚いのと、出席者による議題の順番を考えるひつおゆがあるため。)。いつものとおり、サクサクとpではないが、3時まで4時間(途中で昼食時間30分)ややって、その後は、障碍者委員会かrなお委員との打ち合わせ。4時から、別件で打ち合わせがあり、5時に日弁連を後にする。そういえば、地震があった。17階だったので、結構揺れた。化営利の飛行機が時間通りに飛ぶのか心配だったが、定時出発だった。これで、私が委員長での日弁連の民事裁判員会は淡々と終了した(2年間の成果濃霧については、発言権が無いので、特に語らない。議事の進め方の点で、当初考えていた最後の挨拶もできずに、残念。。

 5月26日(火曜日) 明日27日が50日間の控訴理由書の締切日の事件がある。今日は、最終便で東京に』着あk無ければならないので、真面目に取り掛かる。50日が過ぎてもそれだけで控(訴棄却になるわけでhないが、も気持ちの良いものではないので、裁判所に行く合間を縫って作るが、こういう日に限って、相談をいくつも入れている(昨日が東京行だったので、仕方がない。)。控訴審からの受任事件なので、源信の記録を見てもイメージがつまめない(特に敗訴なので、原審の代理人にも効きにくい。ただ、控訴状に簡単に、控訴理由も書いておいたので、それでも良いかとも思う((あとは、控訴理由の補充という扱いとなうrので、50日を超えてもいいや、とも考えられる。)。
  とりあえず、15枚くらい書いて、依頼者に送っておく。その後、空港へ行って9時の飛行機で羽田に向かい、東京タワーちっかうのホテルへ。ホテルに着いたら、5分で、タワーの夜景が終了する(残念)。

 5月26日(水曜日) 今日は、日弁連と最高裁との協議(基盤整備部会)。秋には協議が始まって1年になるので、中間時点Ⓓネオ成果の問題も出てくる、労働審判実施支部の拡大や、支部機能の拡充といった問題なので、そう簡単にはいかないが、日弁連では、地域司法改革推進本部を中心に取り組んできたことがらなので、何らかの成果を出したいと取り組んでいる。12時過ぎに協議が終わり、午後の飛行機で福岡に戻る。今日提出の控訴理由書に、依頼者からのチエックが入り、夜、事務所で手押しと加筆をすうr。夜にファクシミリで裁判所相手方に送る(翌日さぢ送りなおすつもりである。)。このため、RCの会長会を欠席する。

 5月28日(木曜日) 朝、」事務所で、昨日分を手直しして、法律相談へ(日弁連交通事故)。新人弁護士の登録研修も兼ねていたので、67期の新人と一緒でったが、相談が1件だけだったので、残りの2時間を、二人で話しながら過ごす(一人なら内職もできるが、二人ではそれもできず、新人弁護士も遠慮して、こちらに気を使うので、差し障りのない範囲で、事件類型別法律相談のテクニック(相手別もある)などの話をする。
事務所に戻って1時間ほどして、労働委員会へ。事務局との打ち合わせで2時間ほど書かkる。事務所に戻って、少し作業をして、今日は終わりにする。そのあと、スポーツジムへ行く。

 5月29日(金曜日) 午前中は」、和解が1件。共有物分割事件での和解のため、移転登記手続条項の確認に時間がかかる。合間を縫って、5月末、鄭州t予定の陳述書お完成させる。午後は労働委員会。帰ってきて、もう一通の陳述書も書き終える。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31