弁護士ブログ(日々の出来事)

2015年1月30日 金曜日

今週の1週間(1月26日から30日)

1月26日(月曜日) 28日が期限の控訴理由書つくりに追われる。一応先週末に書き上げていたが、もう一度見直す。昼はRCへ行く。先週末に連絡のあった精神保健の関係で福岡近郊の病院に28日行くことが決まる。風邪気味なので早く帰る。

1月27日(火曜日) 午前中は、刑事(控訴審)が1件(量刑不当なので情状についての被告人質問で終わる。)。終わってその足で博多警察署に行く、被疑者援助制度を利用することになって、弁護人選任届の署名のためである。事務所に戻って今週末が期限の準備書面を書き始める。午後は家庭裁判所で調停。事務所に帰ってきてさっきの続き。夜には一応書き上げる。

1月28日(水曜日) 月曜日約束した精神病院へ精神封建の間帰依での調査へ行く。その関係で11時過ぎまで自宅にいて、日弁連の陳述録取のためのペーパーつくりをする。その後病院へ車d向かう。薬物治療の患者だった。本人と担当医から事情を聴く。その後事務所に行って昨日書いた準備書面に手を入れる。その後、博多警察署に接見に行く。

1月29日(木曜日) 午前中は民事の電話会議が1件。午後2時の飛行機で東京へ。1月最後の4回目の東京行となる。5時から基盤整備部会の最高000裁協議のための打ち合わせ会議。その後、担当者で日弁連会館の地下で打ち合わせの続き。公設事務所の関係での協議会の打ち合わせもやっていて、同期同クラスの内田副会長と会う。打ち合わせに一緒だった赤羽先生は30日に労働審判に関するシンポのために帯広へ行くそうで、天気の具合が心配になる。

1月30日(金曜日) 朝8時の飛行機で福岡に帰る。悪天候の影響もほとんどなく福岡に帰り着く。午後は、破産の債権者集会(続行期日)。住宅があるが、売却が容易かどうかのめどがはっきりとまでは立っていない。次回の集会までの期日が1か月程度しかない。裁判所もそんなに急がせる子おtもないのにと思う。その後は、陳述t録取の要綱案を検討する(半分程度はかけたように思う。)。来週は、日弁連での最高裁協議のための東京行きと、岡山弁護士会との協議があるので、また事務所にいる時間があまりない週になる(寒くないと良いのだG。)。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年1月23日 金曜日

今週の1週間(1月19日から23日)

1月19日(月曜日) 午前中は、刑事の国選事件。否認事件なので、調書を不同意にして、次回は証人調べとなる。午後は、申立代理人のなっている破産事件の債権者集会。間に、2月5日に予定されている岡山弁護士会との協議についての民事裁判における提言の検討。陳述録取に関する日弁連の意見書の原案となる委員会の原案での検討事項を検討する。
 夕方は、RCでの新年会、筥崎宮で参加者全員お祓いをしてもらい、その後に宴会となる。着物姿の女性会員が多く、華やかな例会となる。

1月20日(火曜日)午前中は昨日の続き。午後は、南区の法律相談へ。終わった事務所に戻って陳述録取の意見書案を手直しして、日弁での検討材料としてメールで送る。

1月21日(水曜日) 7時45分の飛行機で東京へ(今月3回目の東京行きとなる。)。10時過ぎに日弁連に到着。早めに到着したので委員会の準備。11時から委員会がスタート。午後は陳述録取で議論となる。やはり、色々な意見が出て再度考え直すこととなる。
 委員会は4時で終了したが、その後は最高裁協議のための全体のバックアップ会議。7時30分の飛行機で福岡へ戻る。

1月22日(木曜日) 今日は、朝から控訴理由書の続きを書く。午後は相談(離婚)が1件。その後、リ客が1件で終わる。今日は、早く帰ってジムに行く。

1月23日(金曜日) 朝は、陳述録取についてのメモを作る。とりあえず、より良き陳述録取のために、21日の日弁連委員会での議論について自分なりに整理してみる(途中までのメモを作って見るが、十分な検討になっているかどうかを再度検証してみる必要がありそうである。)。
11からは高裁での和解協議で1時間ほどかかる。帰ってきてメモの続きを作成。
午後は、労働委員会。今年になって最初の労働委員会。委員会の後に、委員研修で野田会長から、労働委員会制度発足当時(昭和20年、24年の労組法)についてのお話を聞く。労働委員会70年の歴史に関する話であり、労働委員会の今後を考える一つのきっかけになるものである。
その後、労働委員会の新年会となるが、当番弁護士の担当日となっていたので事務所に戻ったところ、1件の出動要請を受ける。博多警察署だったので、新年会出席後(酒は飲まず)、博多警察署に向かう。今日は、精神保健での依頼も来ており、来週中にでも病院に行くことになる。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年1月16日 金曜日

今週の1週間(1月13日から16日)

1月13日(火曜日) 今日は、今月2回目の東京行き。最高裁協議の判決執行部会のバックアップ会議と日本土地家屋調査士会との協議に出る。最高裁協議は、判決後の執行に際しての債務者の財産開示制度の拡充(要件緩和)と情報収集手段の拡充である銀行などの第三者に対する債務者の財産状況の照会制度の新設を対象とするものである。財産開示では財産開示に応じない債務者に対する罰則も視野に入れている。その後の日本家屋調査士連合会との協議は、筆界特定制度に関する協議である。帰りの飛行機で旧知の税理士のご夫婦と席が前後となる。
 事務所に戻って、民事裁判運営に関する提言(案)に手を入れて委員会に送る。昨年1月30日の争点整理に関するシンポジウムから宿題になっていたものにようやく手をいれたことになる。この案に基づき、2月5日に岡山弁護士会と協議を行う予定なので、ようやくできて安心する。

11月14日(水曜日) 朝、昨日、擬制陳述となった横浜の事件の件で裁判所に次回の進行予定を確認する。午前中は相談が1件。合間を縫って、刑事の記録を読み直す。午後は高裁で和解協議が1件。今年初めて裁判所に行く(実は福岡の裁判所が1月から東京と同じような警備態勢になっていて、それを初めて体験する。夜は、ある会合で新年会。昨日会った税理士と再開する。事務所に戻って、控訴理由書の作成にかかる。

11月15日(木曜日) 一日かけて、日弁連の民事裁判員会の懸案事項の一つである陳述t録取についての要綱案に手を入れる。改めて検討すると、やはり有用な手段であるとX再認識する。午後には終わったので、刑事事件の事件現場に行く(否認事件で、目撃証人に対する尋問がメインとなるが、その尋問を前提として、図面などどの程度のものを使うのがよいのか検討する。今日は早く帰ってジムへ行く。

11月16日(金曜日) 朝、民事の弁論が1件。事務所に戻ってその件での準備書面を書く。検察庁から否認事件の証拠等関係カードを受け取って書証について最終的な取調べの同意不同意を確定させて検察庁に連絡する。午後は、古い記録を読み直す必要が生じたので、それに時間を取られる。その後相談が1件。合間に、来週の日弁の委員会のために日本家屋調査士連合会との協議内容についてメモを作る。今週も日弁連の準備に結構時間をとられた。夕方は交通事故の相談が1件で今週もおしまい。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年1月 9日 金曜日

今週の1週間(1月5日から9日)

1月5日(月曜日) 今日から仕事が始まる。ただ、午前中は静かな仕事初めとなる。特に、予定を入れていなかったが、緊急の仕事もなく、まずは一安心となる。年賀状などの確認出会終わる。昼はRCへ行てい午後も、日弁連の関係での作業を行って終わる。

1月6日(火曜日) 今日も日弁連の関係の作業(昨年来の宿題の一つの陳述録取制度の検討を行う。改めて読み直すと、手を入れる必要があるのがわかる。

1月7日(水曜日) 10時まで事務所にいて、11時の飛行機で日弁連に向かう。午後からの最高裁との協議の判決・執行部会の準備会(バックアップ会議)に出る。民事執行における財産開示制度のと改正と第三者照会制度の新設に関する打ち合わせを行う。その後、日本調査士連合会との協議についての準備会に出る。今日は東京泊まりとなる。

1月8日(木曜日) 午前中は、日弁連で、最高裁との協議のうちの基盤整備部会の準備会に出る。労働審判の支部での実施の拡大や支部の充実などが対象のため、これまでの日弁連の取組みなどの検討を行いながら、地域での取り組みも視野においた検討となる。午後5時に事務所に戻る(今月1回目の東京行気が終了)。いくつか作業をした後に弁護士会の68期修習生の歓迎会に出る。7時30分に終わったので、もう一度事務所に戻る。

1月9日(金曜日) 日弁連ライブ研修(テーマは「和解」)について、何点か気になった箇所を検討してメモを作る(結構時間がかかる)。家屋明渡し事件で明渡しの方向での和解など、改めて考えると難しい点が出てくる。弁護士もそれぞれの経験によって和解条項の内容も変わるようだ。3時までに終わりにして、その後に2件ほど打ち合わせ。これで今週は終了。


投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2015年1月 1日 木曜日

明けましておめでとうございます。

 明けましておめでとうございます。
 2015年(平成27年)になった。福岡は、昨夜から風が強く、雪まじりだった。自宅周囲では、家の屋根に雪がうっすら(3センチ程度)乗っている(積もったというのは少し大げさだろう。)。風が強くて、その雪が服飛ばされていて、今日は、一日家から出ない。福岡市内は都市高速が全面で通行止めになっていて、九州自動車道から福岡都市高速へ利用が出来ないので大変だと思う。また、大宰府など福岡市周囲の神社への初もうでは大変だと思う(九州道大宰府インターから福岡都市高速への移動はすごく大変だと思う。)。

 
 2015年がどのような1年になるのかは、分からない。来年の正月をどのような気持ちで迎えられるのかを想像するのは少し怖い気がする。将来に向けての漠然たる不安感というより、アンコントラブル(制御不能)な状態になっているのではないかという気持ちである。
 あまり、このようなことを書くのはどうかと思うが、この1年の間に、2016年夏の参院通常選挙に向けての様々な新しい動きがあると思うからである。、そして、そのような経済的、文化的、社会的、政治的な動きについて、よくわからないまま2016年を迎えるような気がするからである。

 そうすると、今年(2015年)は、やはり、大切な1年ということになりそうに思うし、何年かした後に、この年(2015年)に自分が何を考え、何をしたのか、を振り返って恥ずかしくない1年であったという年にしたいと考えているところである。

 最後になってしまいましたが、皆様にとって、2015年が良い1年でありますように。

 

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30