弁護士ブログ(日々の出来事)

2014年10月31日 金曜日

今週の1週間(10月27日から31日)

10月27日(月曜日) 今週は、日弁連へ行く週となる。それで今日は日弁連の民事裁判委員会。朝7時40分の飛行機で東京に向かう。20分早くなったため、5時に起きなければならなくなる。10時30分に日弁連会館に到着。その後4時まで民事裁判委員会。4時から田村陽子筑波大学教授の証明度に関するレクチャーを受ける。証明度に関する高度の蓋然性説に対する疑問など、新しい理論の展開を聞く。その後、田村教授を囲んでの懇親会。今日は東京泊。

10月28日(火曜日) 朝、8時10分の飛行機で福岡へ帰る。11時前に事務所に戻って電話連絡や準備書面2通を作成。午後は労働委員会。事務所に戻っていくつか書面を書く。そして、8時の飛行機で東京のホテルに戻る。ホークス勝つ。

10月29日(水曜日) 午前中、日弁連と最高裁との協議に出席。基盤整備部会の協議は、全国の支部の問題などを扱う。その前の準備会への出席のために東京への前泊となり、28日は東京のホテルから福岡の事務所に出て、東京に帰るというスケジュールになった(27日福岡から東京へ。28日 東京から福岡へ、そして東京へ。29日東京から福岡へ。)ということで、少し前に有名になったN兵庫県議員と同じよういなってしまった。
 最高裁との協議会の後、日弁連内部での検討会。その後、日本土地家屋調査士会連合会(日調連)との協議会。日調連副会長も主席されての会合となる。筆界特定制度が施行されて10年が経過しようとしている現時点での問題点などについての協議の場とすることとなる。
  その後、福岡に戻り、事務所に戻って少しだけ仕事をする。ホークス今日も勝つ。

10月30日(木曜日) 朝は、病院に行って先週6針縫ったところを抜糸してもらう。その後、午前中は裁判所での電話会議1件。破産の債権者集会1件。午後は事務所で3時間ほど集中した打ち合わせを行う(会社の基本方針に関する打ち合わせのため時間がかかる。)。その後、破産管財人の事件で破産者から事情を調査する。今日は早めに切り上げてスポーツジムに行くことにする(先週は、頭の傷でまったく行けなかったので)。スポーツクラブでホークスの日本シリーズ優勝を知る(レッスンを受けていたので大画面鑑賞はできなかった。)。優勝できた。

10月31日(金曜日) 午前中は、拘置所へ行く。先週の裁判員裁判の中国人被告人に控訴の説明をする。国によりに制度が違うので説明が長くなる。共犯者間での事実認定などで違いがあり、刑についてもバラツキがあると感じたようである。午後は、労働委員会へ。審査事件の合議。事務所に戻って、来週の事件の記録を読む(相手方から2件ほどの準備書面が出ていた。)。相手方から出された書面に対して反論の準備書面を起案する。


投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2014年10月11日 土曜日

今週の1週間(10月6日から10日)

10月6日(月曜日) 先週、予想外の敗訴判決を受けた。仮執行宣言付き判決のため強制執行停止を取る必要がある。ただ、敗訴判決をきちんと読むには少し心の余裕が必要である。今日は、供託金の準備をしてもらう。午後はRCに行って、その後、新たに受けることになった破産管財事件(個人の事業者)の記録を読む。これで時間がかかる。あと2件ほど、簡単な手紙を書く。

10月7日(火曜日) 午前中は1件民事の弁論があった。午後は、裁判員裁判の共犯者の事件(
その共犯者が私の被告人の事件で証人として尋問される予定である。)の検察官の主尋問を傍聴する。夜は、昨日の続きで控訴状を書く。強制執行停止を取るので、控訴理由も詳しく書く。そのために改めて原判決を読む。

10月8日(水曜日) 午前中は、まず、刑事事件お傍聴(弁護人の尋問と裁判所の補充尋問)。その後、控訴審での争点整理。
 午後は、控訴状を仕上げて亭主移してもらう。その後2時の飛行機で日弁連へ。5時前に付き、最高裁との基盤整備部会についての部会内での打ち合わせを行う。支部問題を中心にどのように行うか考える。終わって、7時55分の飛行機で福岡へ帰る。結構きわどい。

10月9日(木曜日) 控訴状の修正箇所を訂正して、強制執行停止の申立てを行う。夕方に供託金額が示される[認容額の7割)。翌日、供託の手配をする。午後は、2件の破産管財事件についての裁判所での3者打ち合わせ。裁判官のいる前である程度の聞き取りを行う。その後は相談2件でお仕舞にしてスポーツジムへ。

10月10日(金曜日) 朝、供託の準備を事務局にお願いして、拘置所に行く、通訳付きで2時間の打ち合わせ。事務所に戻ったら、供託ができたが、裁判所に不備を指摘され、再度供託をやり直すことになる。私は、労働委員会へ行くことになっており、事務局に任せてしまう。とにかく夕方までには執行停止の正本を受け取る。3連休なので少しほっとする。労働委員会は、合議もあって長引いた。その後、事務所で打ち合わせが1件で今週はおしまいとなる。 

10月10日

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2014年10月 3日 金曜日

今週の1週間(9月29日から10月3日)

今週で9月が終わる。4月からの上期も終わる。色々な意味で短い1週間になる。

9月29日(月曜日)朝から日弁連で民事裁判委員会へ行く。11時から午後4時30分までの長丁場なので司会を担当する立場としては大変である。午前中は、日本土地家屋調査士会から筆界特定についての協議会の申し入れがあったことからそれとの対応を協議する。また、次回の委員会で証明度を取り上げて田村教授をお招きして勉強会を開くことから証明度についての議論を少し整理する。その後は、最高裁との協議の内容の報告とそれに対する議論を整理する。執行に関して判決が出されたら当然、その内容に従うというのが日本人の国民性かどうかが議論されたらしい。弁護士は、判決が出されたら、その内容に従って支払うように依頼者を説得するのかどうかが議論される。個人的には、説得はするが(その際に、執行されるという危険を訴えることになるが、執行される危険性についてどのように説明するかは考えてみると難しい。最高裁協議を前提に、日弁連の財産照会制度、第三者照会についての意見書を検討する。財産探知人制度についても議論する。
 
 
 夕方から最高裁民事局との協議会。その後、新局長を迎えての懇親会。

9月30日(火曜日) 前日が東京に宿泊したので、11時に事務所に帰り着く。たまっている事務をこなして、午後からは法律相談。最近は、法律相談も空き時間もあるので、翌日の証人調べの準備を少しでもしようと思っていたが、無料相談日ということで5件の相談に乗る。相続、自治会の問題、損害賠償などバラエティに富んだ相談内容だった。事務所に戻って明日の尋問の準備をする。それからいs前人の破産管財事件で破産者に面談する。

10月1日(水曜日) 午前中は、準備書面を1通書く。その後は午後に人証調べがあるので、その準備に時間を取られる。5時に終了したが疲れる。いくつかの小さな事件についての書面などを作成し、その後、警察に接見に行く。

10月2日(木曜日) 午前中は、小さな仕事を仕上げる予定だったが、予想外に手間取る。新しく就任予定の破産管財事件の記録を見に行く。午後からは、労働委員会の件で打ち合わせが1件。その後、10月下旬の裁判員裁判の準備で拘置所に行って接見する。事務所に戻ったら、思いがけない判決が出ていてがっくりするが、今日は考えないことにしてジムに行く。

10月3日(金曜日) 午前中は、昨日の判決の件で打ち合わせを行う。午後は途中に相談が入る。新しい破産管財事件の記録読みと、裁判員裁判の事件、労働委員会の事件についての書面を改めて作成しなければならないことが分かる。他にもいくつかあるので、土曜日も頑張ろうと思う。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30