弁護士ブログ(日々の出来事)

2014年1月31日 金曜日

今週の1週間(1月27日から31日)

1月27日(月曜日) 今日は、夕方4時から7時まで30日に予定されているシンポのための打ち合わせのために、13時の飛行機で羽目だに向かう。午前中は、その準備で過ぎる。RCも今年度初めての欠席となる。木下俊之前佐賀市長(現福岡大学教授)を卓話にお招きしていながら、出席できず、非常に残念。今日から国公立大学の願書受付が始まることが朝のニュースに流れていためか、福岡空港で大宰府天満宮の「受験生ガンバレ」を見たためかは不明だが、パネルディスカッションの成功を祈願して、空港で、梅が枝餅を買う(今日の打ち合わせ用である。)。2時30分に羽田に付き、3時30分から、立法化された集合訴訟について少し協議し、4時からパネルディスカッションの打ち合わせ。6時30分に日弁連会館を出て、7時50分の最終便で福岡へ帰る。

1月28日(火曜日)午前中に1件打ち合わせを行い、その後、刑事控訴審に向かう。控訴理由が量刑不当のため、情状証人と被告人質問がどの程度認められるか不安であったが、申請通り認められてホットする。午後は、やはり、30日の進歩の準備(口頭での報告などを再度チエックする。)。その間に打ち合わせを2件ほど行う。連絡文書などを作成した後、被告人との面会に警察まで行く。

1月30日(水曜日)午前中は、事務所で祖訴状の起案を完成させる。午後は、新しく受任した裁判員裁判事件の裁判所での検察官、相被告人の弁護人との事前の打ち合わせ。営利目的の覚せい剤輸入事件で被告人が外国人(複数)なので、法制度の説明を含めてj準備が大変そうである。その後は、家裁へ離婚事件の調停。明日のシンポのため前泊で19時の羽田行きを準備していたが、調停で終わって事務所に付いたのが5時40分。多少あわてながら空港に向かう(忘れ物のないように)。

1月31日(木曜日)朝9時には日弁護連に。最初は倒産等委員会の意見照会についてのこっちの民事裁判員会とのすり合わせの会合が持たれる。10時30分からは、日弁連民事裁判委員会を開く。来年度ライブ研修で取り上げるテーマを「和解」とすることが決まる。
 その後、パネリストの皆さんもそろったところで、当委員会のメンバーと仲良くい昼食を摂る。その場で発言相互の打ち合わせを行う予定が、そんなこともあまりなく、終わる。
 午後1時からシンポジウムがスタート。日弁連の会場が120名程度、各地では事前参加希望が200名ということで、それなりの会員に関心を持って貰えたように思う。
シンポやパネルディスカションの内容は、そのうちに何らかの方法で会員にはお伝えできると思う。地方から都合で見られなかったが、テープだけでも聞きたいという希望があたということで、嬉しく思う(やはり、「争点整理で7割決まる」というキャッチコピーの衝撃があったように思う。)。
4時30分には無事に終了する。笠井教授、畑教授、福田最高裁民事局課長、それに当委員会以外の弁護士として参加頂いた小町谷弁護士には改めて御礼を申し上げたい。懇親会を途中で抜け出して羽田空港へ。最終便で福岡へ帰る。

1月31日(金曜日)すごく暖かい日(3月下旬の気候らしい。コートを着ないで事務所に来る。)午前中はその日にある期日の準備を時間をかけて行う。午後は、訴状の準備検察庁への記録の閲覧。その被告人が別件で再逮捕されたので、当番弁護士として面会することになる。夜は、月曜日のロータリーでの卓話の準備。「労働法制と労働委員会」という内容の予定。




 

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2014年1月24日 金曜日

今週の1週間(1月20日から24日)

1月20日(月曜日) 午前中はなんとなく過ぎていく。昼はRCで。午後は、和解が1件とその後は刑事事件の準備、翌日の集中証拠調べの準備で終わる。

1月21日(火曜日) 午前中はほとんど何もできないうちに、小倉支部での集中証拠調べとなる。相続にからむ兄弟間の争いなので、尋問も難しい。全部で3時間程度なのですごく大変だということはないが、それなりに疲れる。夜は、日弁連の委員会でのシンポのための資料の確認と急な相談で2時間がつぶれる。

1月22日(水曜日) 午前中に裁判員裁判となる事件の中国人の被告人と接見。要通訳事件で、主任のT弁護士と一緒に。午後は家庭裁判所へ。調停が成立する。その後、昨年の刑事事件の被告人が挨拶に来る。無銭飲食で執行猶予付き判決となるが、所持金も行く場所もないということで、すぐに入れる施設の協力を得てとにかく生活ができうる場所を確保することができて良かったと思う。

1月23日(木曜日) 午前中は、離婚事件の相談。ばたばたしているうちに午後になって、労働委員会へ行く。みっちり会議を行う。シンポの資料の確認のために事務所に戻り、その後、労働委員会の新年会へ。

1月24日8金曜日)、シンポのパネルディスカッションの準備。と破産管財事件の債権者集会への報告書の作成で終わる。夜は、離婚調停の準備で終わる。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29