弁護士ブログ(日々の出来事)

2013年12月28日 土曜日

今週の1週間(12月24日から27日)

今週で今年も終わりになってしまう。
12月24日(火曜日) 天皇誕生日を含めた3連休後の月曜日だが、のんびりとした1日だった。午前中に相談が1件。午後も地裁げ和解が1件(成立)。その後は離婚事件の訴状の準備で終わる。クリスマス・イブなので早く変えおろう。

12月25日(水曜日) 今日も、内部での書類の整理で終わる(年賀状の送付先の確認などをする。それに、新年早々に提出期限が来る刑事事件の控訴趣意書を作成する。9時頃事務所を出ると、途中のデパートや大型ショッピングモールの飾りつけが、クリスマスから新年の飾りつけに帰る作業を進んでいる。その前をサンタの着るぐるみがうろうろしていて、なんとなく面白い。

12月26日(木曜日) 午前中は、日弁連の事務局から、民事裁判委員会あてに、また意見照会がきたことを知らされる。債権法改正の中で問題とされている保証人についての司法制度員会からの意見照会である。最近、日米地位協定、倒産法改正についての意見照会が来たばかりなのに、と思つつ、うちの委員会では、きちんと意見を出さないといけないということで、また委員のどなたかに、ご苦労をかけることになる。
 午後は、労働委員会の会議へ行く。終了後、事務所に戻り、65期の司法修習生で、今回無事に裁判官に任官できた修習生にあう。まったく心配はしていなかったが、やはり、無事に任官ができていて安心する。彼の話によれば、任官者は90名程度で、平成生まれの人を何人かいるということである。その語、しばらくは接見ができないので、被疑者国選事件の被疑者に会いに、博多警察署へ行く。、

12月27日(金曜日) 今年の事務所最後の日となる。午前中は、労働委員会へ行って新年早々に第1回目の調査期日が行われる事件について、事務局と進行についてt打ち合わせを行う。
 午後は、必要があって古い事件の記録を読み直す。その後、これも来年早々に初回の期日のある交通事故の訴訟事件の答弁書を作成する。物損事件で、双方に保険会社が付いていることで事実関係に争いがないということが前提なのかとは思うが、訴状の記載が簡単になっていて少し驚く(その分、答弁書も書きやすい)。
 今日で、2013年の仕事はとにかく終わりにする。新年は、1月6日からということになる。
 それでは、皆様、よいお年を。、

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2013年12月20日 金曜日

今週の1週間(12月16日から20日)


やはり、12月。暗くなるのが早い。

12月16日(月曜日)なんとなく始まる。午後から市役所の法律相談。寒いせいかどうかは不明だが、7枠が4枠しか埋まっていないので少し丁寧に行う。職場でのいじめの相談がある。ただ、これを勤務先のパワハラまで認定でききそうな事案なのかどうかは良く分からない。夜は、RCのクリスマス例会で、家族も出席のため小さな子供と遊ぶ。プレゼント交換で真紅のバラ10本を選ぶ。当然、家に持って帰る。この他、高級ホテルのデナー券が当たる。やはりうれしい。

12月17日(火曜日)午前中は、午後からの労働委員会での審査事件の準備で終わる。夕方からは、建築訴訟の打ち合わせ。設計士を交えての打ち合わせとなる。建築行政の手続きにかかわる部分もあって、うまく理解できないところ(イメージがつかめないところ)が多々ある。

12月18日(水曜日)午前中は民事の法廷が1件。午後は集中証拠調べ。3時間するとすごく疲れる。夜は、事務所のクリスマス会。イタリアンだった。前菜が立派だった(ほかが悪いという意味ではない。メインもおいしかった。ついでにパスタも悪くなかった。)。猪瀬都知事と張成沢が1年前と比べてかわいそうになった人という話題になった。

12月19日(木曜日) 福岡も寒い日になった。今週2度目の労働委員会での審査事件の期日。午前中に記録を読む。審査の前に接見のために警察署へ行く。20分ほど面会して、労働委員会へ。午後からは、来年早々に予定されている相続関係の事件での集中証拠調べの準備。藤本弁護士にかなりの部分を任せることにする。彼女の18日の尋問も悪くはなかった(ほめている積りである。)。尋問は、「表現である」、あるいは「編集者の表現方法で違う」と思っているので、弁護士によって、裁判所に対する示し方(演出)が違うのは当然であると思っている。

12月20日(金曜日) 午前中は家裁で離婚事件。午後からは、記録読みと年賀状の文案を決めるなどで、終わってしまう。簡単な準備書面の起案と訴状の準備をする。



投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2013年12月14日 土曜日

今週の1週間(12月9日から13日)

12月9日(月曜日) 午前中は家裁の調停。相手方が欠席。離婚事件なので、調停が不成立なら裁判にせざるを得ない。もう1回期日を入れるか、不成立とするかの判断は難しい。離婚裁判でも話し合いは当然可能だが、判決による場合は法の定める離婚原因の立証が必要となる。しかし、次回も欠席の可能性がある以上、もう一度だけ次回調停期日をお願いするのかは難しい判断である。離婚についての相手の意向がはっきりしないことから、不成立を選択することとする。
 午後は、RCの後に、福岡高裁と九州弁護士会連合会の委員会との協議会に出る。和解がテーマとなる。
 その後、事務所で離婚事件の相談。不動産の取得が絡んでいるので判断(ローン付きの不動産を当方で取得するのかどうかの決意)が難しい。

12月10日(火曜日) 午前中は相談が1件(フランチャイズの問題)。午後からは来週の人証調べの準備。その後、地裁裁判官との民事裁判に関するプラクティス委員会。早期事案説明期日、さrないは福岡方式の改定についての協議。事務所に戻ったら博多警察署から被疑者国選事件の被疑者が面会希望との電話が入り、博多警察署に接見へ行く。

12月11日(水曜日) 午前中は事務所でいくつかの雑事を処理。12時に福岡空港から羽田へ向かう。5時から来年1月30日の民事裁判シンポ(争点整理)のための打ち合わせ会(笠井教授、畑教授、福田民事局2課長などのパネリストとの準備会)。それまでの時間は、新国立美術館でクレラーミューラー展。
 
 


12月12日(木曜日) 朝、福岡空港に戻る。事務所で色々と整理をするうちに終了。労働委員会での審査事件の記録を集中的に読む。


12月13日(金曜日) 午前中は、記録読みで終了。昼食時は弁護士会で民事手続委員会。その後、労働委員会へ。公益委員会魏と総会。新年度最初の委員会。3人の弁護士委員で一番古手になってしまう。事件進行の打ち合わせも行い、その後、博多警察署へ接見に行く。 

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

2013年12月 8日 日曜日

先週の1週間(12月2日から6日)

今週から12月。やはり早いものだと感じる。私は12月になったら、翌年の手帳を使い始めるようにしている。理由は、蘇峰などの次の日程を入れるのが、1か月以上先になることが多いので、今から日程を入れるとなると、1月あるいは2月になることが多いからである(もう一つは、単純に新しい手帳を使うことが楽しいからである。今年も良いことがありますようにと願をかけることにもなる。)。

 12月2日(月曜日) 午前中は、電話などでの小さな相談事で終わる。その後、RCの例会に出る。午後は、金曜日の人証調べの準備で終わる。その後、RCの後半(1月から6月)の卓話(30分のテーブルスピーチをお願いする方々をリストアップする。その中で、まず、木下俊之教授(前佐賀市長)にメールでお願いする(教授からは深夜に承諾のお返事を頂く。)

12月3日(火曜日) 一日かけて、昨日からの懸案のRCの卓話を願いしたい方への連絡を始める。たとえば、同乗者には、違憲無効と違憲状態の違いについて、反してもらうことにする。私も責任を取って2回話すことなる。その他の作業(日弁連から、民事裁判委員会に対するネパール最高裁からの来日調査に対する説明者の選任依頼への対応など)を行っているうちに午後4時55分から刑事事件の判決。

12月4日(水曜日)午前中は民事の法廷が1件。午後は1時から家裁で調停。その後、また人証調べの打ち合わせを行う。日弁連から民事裁判委員会に対する日米地位協定の見直しに関する人権擁護委員会の意見書(原案)に対する意見照会が来る。民事責任に関する規定(地位協定18条)に関するものであるが、国賠と同じ処理が考えられる部分(公務上の問題)、米兵や家族による私的な交通事故の場合、騒音訴訟などの場合にそもそも民事裁判の相手方として米国を被告とすることができるのかといった主権に関する問題などがある。K委員にメモの作成をお願いする。

12月5日(木曜日) 午前中は、なんとなく過ぎてしまう。
午後からは、日弁連の研修(特別受益と寄与分)。福岡家裁の裁判官からの弁護士に希むことについての講演もあった。、

12月6日(金曜日)午前中は刑事の判決1件と破産管財事件の債権者集会(続行)。午後は、準備してきた民事の集中証拠調べ(計4名)。その後、今日の当番弁護士の出動として博多警察署へ行く。

投稿者 あさひ共同法律事務所 | 記事URL

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30