弁護士ブログ(日々の出来事)

2013年12月20日 金曜日

今週の1週間(12月16日から20日)


やはり、12月。暗くなるのが早い。

12月16日(月曜日)なんとなく始まる。午後から市役所の法律相談。寒いせいかどうかは不明だが、7枠が4枠しか埋まっていないので少し丁寧に行う。職場でのいじめの相談がある。ただ、これを勤務先のパワハラまで認定でききそうな事案なのかどうかは良く分からない。夜は、RCのクリスマス例会で、家族も出席のため小さな子供と遊ぶ。プレゼント交換で真紅のバラ10本を選ぶ。当然、家に持って帰る。この他、高級ホテルのデナー券が当たる。やはりうれしい。

12月17日(火曜日)午前中は、午後からの労働委員会での審査事件の準備で終わる。夕方からは、建築訴訟の打ち合わせ。設計士を交えての打ち合わせとなる。建築行政の手続きにかかわる部分もあって、うまく理解できないところ(イメージがつかめないところ)が多々ある。

12月18日(水曜日)午前中は民事の法廷が1件。午後は集中証拠調べ。3時間するとすごく疲れる。夜は、事務所のクリスマス会。イタリアンだった。前菜が立派だった(ほかが悪いという意味ではない。メインもおいしかった。ついでにパスタも悪くなかった。)。猪瀬都知事と張成沢が1年前と比べてかわいそうになった人という話題になった。

12月19日(木曜日) 福岡も寒い日になった。今週2度目の労働委員会での審査事件の期日。午前中に記録を読む。審査の前に接見のために警察署へ行く。20分ほど面会して、労働委員会へ。午後からは、来年早々に予定されている相続関係の事件での集中証拠調べの準備。藤本弁護士にかなりの部分を任せることにする。彼女の18日の尋問も悪くはなかった(ほめている積りである。)。尋問は、「表現である」、あるいは「編集者の表現方法で違う」と思っているので、弁護士によって、裁判所に対する示し方(演出)が違うのは当然であると思っている。

12月20日(金曜日) 午前中は家裁で離婚事件。午後からは、記録読みと年賀状の文案を決めるなどで、終わってしまう。簡単な準備書面の起案と訴状の準備をする。





投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31