弁護士ブログ(日々の出来事)

2020年11月21日 土曜日

今週の1週間(11月16日から20日)

 11月16日(月曜日) 朝、福岡県弁護士会の会史の冊子会議。4人でのスカイプでの会議。10月に座談会を実施して、その座談会原稿の上りを修正しながら、冊子の方の原稿を書き直す(重複部分を修正する)ことになっていたが、全体のトラブル発生で、予定からかなり遅れることになった。本年度中(来年3月末)までの発刊は難しいかもしれないなどの雑談で終了する。当初から予測されたはいたが、弁護士が書く原稿が全部で10本以上あるので、全体のイメージをある程度であっても統一するとなると、かなり大変そうである。昼はロータリーへ行き、その後裁判所へ。電話会議と併用の弁論準備(福岡の2名はリアルで、大阪の弁護士は電話会議)。

 11月17日(火曜日) 今日は、午後からの打ち合わせを前に、午前中は起案に取り掛かる(というより午後の打ち合わせ前の資料の読み込み)。10年以上前のことを知る必要がある。午後は、みっちり打ち合わせ。3時間以上のロングランになる。その後、資料を読み直すということで、この日は終了(結局、午後の日弁連の司法シンポ委員会には全く参加できなかった。)。

 11月18日(水曜日) 午前中は交通事故の件での相談。いつものことだが、被害者からすると治療期間の終了時期を決めるのが難しい。医師との疎通がうまくいっていれば良いが、そうでもない場合にどうするかは結構難しい。治療計画というものを一応作ってみて、それを前提に見通しを話してもらえるとだいぶ違うのかもしれないが(だからと言ってその計画通りに進まないのは当然である)、そういう計画もなさそうな場合が困る。
 午後は、マンションでの騒音調査(上階での騒音)に立ち会う。騒音調査の方法は、予め定められた測定器具を使うもので、①5キロのタイヤを1メートルの高さから落とした場合の騒音が階下にどの程度伝わるのかの調査(多分、体重20キロくらいの子供が室内で飛び跳ねた場合と同じ騒音)ともう一つが、②テーブルからスプーンなどが落ちた場合を想定した調査(実際に落とすのはスプーンではない)をする。測定器具設置に30分、実際の調査に1時間というスケジュールで実施した。
 昨日、今日と、最高気温が25度近くまでになっており(朝の気温も高いので、温度差が無くて快適である。)その分、平年気温に戻った時が心配である。
 
 11月19日(木曜日) 今日も、午前中は少し余裕があり、別の事件の準備が出来る。昼休みに県弁護士会のIT化WG(Zoomによる)。午後は打ち合わせが2件。不動産売買に関する相談で、結構複雑な様相を示している。もう1件は、先日からの事件での再度の聞き取りで終わる(画像を見ながら説明を聴く)。夕方から雨になり(昨日よりは少し寒くなった)、今日は早めに終わりにしてジムに行くことにする。

 11月20日(金曜日) 午前中は、刑事の判決言い渡しが1件。共犯事件で結果は執行猶予付き判決だったが、求刑は、共犯者と同じだったが、判決はこちらの被告人の方が少し軽くなった(執行猶予付き判決の場合は、求刑通りの判決に執行猶予が付される場合が多いが、求刑から少し軽くなり、しかも共犯者間で判決が違うということは、裁判所は、首謀者とそうでない者との違いを認めてくれたということである。)。そこまでは期待していなかったので、弁護士としては、結構満足である。
 午後は、久しぶり(20年以上前に破産管財人として執行を申し立てたことがある。それ以来である。)動産執行に立ち会う。1度目で、今日は先方がいなかったので、ものの10分で終了。次回は鍵屋さんを同行しての執行となる。ということで、今週はおしまい。





投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

月別アーカイブ