弁護士ブログ(日々の出来事)

2020年10月10日 土曜日

今週の1週間(9月23日から25日)

 9月23日(水曜日)先週末からの4連休明けの水曜日。九州では、秋の気配は少し遠い。Go Toトラベルのスタートで、旅行客が増えたのは実感できる。2週間後は、またコロナの感染者が増えるだろうなとは思う。
 先週は、日弁連の委員会などぞおmZoomを使った会議がとても多く、週の初めの今日は、その影響が残っている。資料を読む(というより、なんとか目を通すという程度)が、大変である。そういうことで、何となく終わった一日になってしまった。

 9月24日(木曜日) 今日は、午後から福岡県弁護士会会史の中の一つである座談会の打ち合わせ。春から会史の件では結構時間を取られており(コロナ禍のお陰で、時間にも余裕があった)、担当となった民事(家事、労働を含む)については、14万2000字のロングバージョンと3万4000字の掲載用の短縮版原稿を一応完成させた。会史の編集者は、弁護士会の会史として10個以上のパートに分けて原稿を依頼していたが、そんな会史を会員が読むことは期待できないのでないかと考え、座談会スタイルのものを企画していて、3つのテーマで座談会を開くことになっていた。
 「弁護士と人権」、「弁護士ライフ」、そして「弁護士と裁判所」という3本立てなのだが、9月末から10月頭までにやるようにと言われて、その3本目の割り振られたことになる。2週間前にメンバーを決めて、今日が打ち合わせ、来週が本番という忙しさである。
 とりあえず、前週に私の書いたシナリオのラフ図(質問だけで答えの記入が無く、出席者にある程度、予想される答を埋めて貰うもの)を用意し、この日は、1回目(そして最後の)の打ち合わせということになる。座談会のため、新進のライターを用意してもらったが、その人との打ち合わせも必要ということで、北九州の1名を除いた6名での打ち合わせとなる。実は、企画担当者が座談会に求めているものが何なのかがもう一つ分かっておらず、手探りとなる。
 3時間打ち合わせで、面白いもの、少しはためになるもの、といった程度のものとはしたい(昔話をしても意味がないだろう)、と改めて思う。

 9月25日(金曜日) 思いがけず、バタバタとした日になった。裁判所から来週の期日で次回の人証調べの期日調整をして、その次は人証調べという事件で、相手方から、裁判所にこちらが譲歩できる内容と示した内容で和解をしても良いという連絡が入ったということで、その内容で和解が可能かという問い合わせが入る。人間感情の微妙(デリケート)な事件で、簡単に前と同じ内容で和解するとは言えず、こちらも陳述書の作成などの作業を行った事件だったので、依頼者との話し合いなど、結構時間を取る話になった。
 今日は、例の会史の座談会のうちの一つ「弁護士ライフ」が実施された。楽しい座談会だったらしいが、2時間では予定の半分しか終わらず、10月にもう一度後半がやられるということらしい。確かに、弁護士ライフという話になると、弁護士は大体が話好きなので、終わらなくなるというのは、うなずける。2回で合計4時間ないし5時間となると、活字では7万字になりそうである(編集が大変だなと思う。)。
 ということで、今週はお終い。


投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

月別アーカイブ