弁護士ブログ(日々の出来事)

2019年12月28日 土曜日

今週の1週間(12月16日から20日)

 12月16日(月曜日) 午前中はいつもの作業。昼はロータリー。その後4月の地区大会で出演をお願いする精華女子高吹奏楽部を訪問して演奏を正式に依頼する。その後事務所に戻り、いくつかの作業をする。そうしているうちに、明日の日弁連の民事裁判委員会の資料がアップされる。2冊で450頁の膨大な資料。裁判のIT化検討会の最終報告案、動産担保法制に関する議論の進行の資料などとても膨大。資料は、データのまま保存となる。少しだけ事務所で読んだが、とても読み切れない(正確には読んでもすぐには理解できない。)。
 
 12月17日(火曜日)今日は、東京へ。日弁連の民事裁判委員会。11時から最初の部会。当事者照会などの証拠収集制度についての会員胸向けアンケートの検討。立法化に向けての資料作りの一環としてのアンケートだが、なかなかアイデアがまとまらない。法律家らしく正確に意見を聞こうと思うと質問が長くなったり、同じような趣旨の質問を重ねることに対する疑問が出されたり、自由記載欄が大きくなったりする。個人的には、回収率を高めるために、自由記載欄を少なくし、いくつかの選択肢のなかから直感的に選んでもらう(直観を確かめるために同じ趣旨の質問を何処かに重ねてその回答に矛盾がないかを確かめる、といった仕組みの方が良いかと思うが、なかなかそうあはならない。
 午後は、全体会議。IT化についての議論やその他の議論もあり、5時までびっちりの会議となる(他の部会はさらに8時までやるということである。)。ご苦労様ということで、7時頃の飛行機で福岡に帰る。

 12月18日(水曜日) 午前中は、2時間を掛けてのみっちりとした打ち合わせ。債権法改正を目前に控えた書式の変更に関する打ち合わせ。午後は、ロータリーでの会議。来年4月初旬まであと4ヶ月を切っている(正月を超えると3ヵ月になる)。関係者に送付するパンフレットの内容の打合わせなど細かな作業がメインになる。このため、結構時間がかかるがやむを得ない。3時間の会議を終えて事務所に戻る。その後、事務所で事務所の作業。

 12月19日(木曜日) 午前中は、年賀状の文案の確定などの年末の作業。昼は、ロータリーの関係でのメーキャップをして、家庭裁判所へ。相続事件が概ね解決し、今日が調停成立日の予定だったが、そのとおり無事に成立した。事務所に戻って、破産事件の打ち合わせ。個人の破産だが、住宅ローンの残債務(平成15年のマンション購入債務の連帯保証人で、平成24年に任意売却したものの残債務があり、それを請求されたもの)が1件だけの債務者の相談。これまで主債務者の現状(支払能力と支払実績)と連帯保証人であり、一部の支払いで残連帯保証債務の免除と言う解決方法が考えられないかを交渉してきたが、解決が難しいということで破産を選択せざるを得ないようになっている。他に債務がないため、かなり残念な選択となってしまった。

 12月20日(金曜日) 今日は事務所で、少し前から始めている小規模民事再生事件の続きをやる。通常再生事件の申立ては何件かやっているが、小規模個人再生は随分久しぶり。書式の変更があり、エクセル表示となったためすごく手間取る(集める資料の意味が良く分からないものもあるし、ついつい丁寧に調査したことが不要となることもあってその辺の塩梅が良く分からない。ということで、ほぼ1日かけて色々とやるが、やはり、全部終わらないまま今週は終了してしまう。
 


投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2020年8月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

月別アーカイブ