弁護士ブログ(日々の出来事)

2019年6月29日 土曜日

今週の1週間(6月24日から28日)

 6月24日(月曜日)午前中は、いつもの作業をやり、相談が1件。その後、相手方宛の書面を作成。相手方(弁護士)宛ての書面をどういう風に書くのかはいつも難しい問題である。相手の弁護士を知っている場合とそうでない場合で多少の違いがあるし、請求自体がとても無理と思われる場合とそれなりにという場合もあり、どちらのケースの方がその後、訴訟に発展する可能性が高いのかの点で書き方が難しい問題となる(詳しさをどの程度にするのかなど結構難しい。)。
 昼はロータリーに行き、事務所に戻って、しばらくして福岡家庭裁判所との合同勉強会に出席。新庁舎になって初めて出る会合。相続法改正や成年後見に関する取扱いの実務上の変更もあり、家裁の裁判官、書記官、調査官などとの協議の場は結構役に立つ。特に裁判官全員の顔を知るのは難しくてこういう会合がその意味でも役に立つ(調停の場合で主任調停官の裁判官がどういう人なのか分からない場合がある。)。次回は7月だが、以前は5時30分からの会合だったのが、4時30分からに変わり、次回からは4時からのスタートとなる(働き方改革に伴う残業時間の見直しという観点からのようである。)。その後、ロータリーの夜間例会に出席。

 6月25日(火曜日) 昨日の打ち合わせの資料を見ながら、相手方弁護士への返事の起案に結構時間がかかる。何度か書き直してシンプルなものに作り直す(この作成の過程で、資料をきちんと読み直したので、事案の概要は身に着いたと思う。)。その後は事務所でいつもの作業。

 6月26日(水曜日) 午前中に、昨日連絡のあった国選事件の記録を見に行く(記録を見に行くのは、カラーの部分を見たいというのが主眼である。)。余り厚い記録ではなく、あっさり読めたが被告人調書が被告人から事前に聞いていた内容と少し違うようで、近日中に接見に行く必要があると思う。なお、被告人は先週末に別罪で逮捕・勾留され、まだしばらくは付き合っていくことになる。
 午後は、法テラスの法律相談。2時間で4件と、久しぶりに初対面の人から短い事件での相談を受けることになった。以前は、やはり多重債務の相談が大半を占めていたが、バラエティに富んだ相談となった。その後事務所に戻り、少し溜まってきた作業をする。
 
 6月27日(木曜日) 午前中は、時間が何となく過ぎたが、午後は、労働委員会へ行き4時前に終了後、その足で福岡県庁都市計画課に行き、不動産取引に関していくつか質問に行く。概ね予測された回答だったが、それをどの程度整理して書面を作成するかは結構難しい。

 6月28日(金曜日) 昨日に続いて、もう一度、不動産取引に関して県庁に行き、担当部署からの説明を聞く。その後、警察署へ行って接見。午後事務所に戻ってまじめに、昨日と今日の県庁訪問で得られた情報に基づく書面を作成する。やはり、結構長い書面になりそうで、今日中の作成を断念。正確に理解していない可能性があり、もう一度全面的に書き直す必要がありそうなことが分かる(それが分かっただけでも良かったと思うことにする。)。そういうことで今週はお終い。


投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31