弁護士ブログ(日々の出来事)

2019年4月13日 土曜日

今週の1週間(4月1日から5日)

 4月1日(月曜日) 今日から新年度。裁判所や検察庁は、定例の人事異動。このため裁判の期日が入らないことが多く(裁判官の移動がなくとも書記官の移動がある)、弁護士事務所は結構ヒマである。そういうことで、いつもとあまり変わらない月曜日でスタート。ただし、朝は、今日が10日満期の刑事事件(被疑者国選事件)での接見に行く。昼はロータリーに行き、午後は事務所で少しみっちり相談業務。先週末から寒い日が続いていて、今日も結構寒い新年度スタートとなる。

 4月2日(火曜日) 午前中の相談が1件キャンセルになったため、時間が空く。昨日10日満期になる事件が起訴される。昨日、被疑者からは保釈の手続の相談をされていたので、その件で初めて親戚に連絡を取る(一応交流の際の連絡先になってたので事件自体は初耳ではない。)。少し遠方なので、保釈保証金をどうするのかが問題となるが、なんとか準備をしてもらえそうとなる。
  今日は、早めに、事務所を出てジムに行くことにする。

 4月3日(水曜日)朝、検察庁から保釈申請をしようとした事件の記録が開示される旨の連絡を受ける。保釈請求をする場合は、罪証隠滅の恐れがないことをアピールするのが通常であり、事実を争わないこと、書証は全て同意する予定であることを申請書に記載するのが通常である。被告人が弁護人と面会する際には、事件は認めているので保釈を申請して欲しいと言われるが、調書を見ると結構色々なことが書かれている場合がある。それに被害者の調書は読まないと分からない。そのために急いで検察庁に記録を見に行く。まあ、予想した程度のことであり、安心する。
 今日は、少し暖かくなっており、昼間、福岡城公園に桜を見に行く。開花日から1週間以上たっていて、その間雨に降られていないことから、桜はもっているが、少し長すぎるためか、葉も出始めており、他方で寒かったせいか花も咲き切っていない。そういう点ではもう一つと言う感じだった(風も結構強かった>)。とりあえず、例年通り1時間半程度の昼食花見となる。午後は少し難しい相談が1件。ついでに相続法改正について纏めておく必要が生じる(相続法改正が実施された際の実務の取り扱いの変更は、現在予想しているよりも結構大きいのではないかと思う。レクチャーなどのための準備をきちんとしてく必要がありそうである)。

 4月4日(木曜日) 午前中は、いくつかの雑用をやる。夕方になってようやく保釈の件で、保釈保証人から身元引受書が届く。ようやく明日提出できるという状態になる。
 午後は、来訪が1件。ということで控訴理由書を書いたくらいの静かな一日となる。少しまとまった時間的な余裕ができたので、相続法改正に対応するための資料を読む。今さら、法制審での部会の議事録を読む余裕はないが、理論的なところは少しきちんと押さえておきたいと思う(体系書もまだあまりないようである。潮見教授の本はあって当然きちんと書いてはあるが、相続と登記などという基本的なところについて、体系的な理解が出来るような解説本が欲しい。)。
 
 4月5日(金曜日) 保釈請求書の提出が午後になってしまい(保釈保証金の事務所への送付が月曜日になりそうになった。)、今日中の許可が難しくなった(検察官からの裁判所への記録の送付と検察官からの意見の提出が間に合わないということもある。)。
 今週は、比較的時間的な余裕があった(実は、ロータリーの関係でいくつかペーパーを用意する必要があり、その作成に時間を取られたという事情もあった。)。とりあえず、早く帰れるときは、きちんとジムに行くことにして今日は終わりにする。 


投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31