弁護士ブログ(日々の出来事)

2018年11月18日 日曜日

今週の1週間(11月12日から16日)

 11月12日(月曜日)午前中は、いつのように作業で終わる。午後は、刑事の論告求刑、弁論の期日。当番弁護士からの担当してきたが、ようやくこの期日となる。無罪の主張でもあるので、先週まとめた弁論要旨も直前まで少し手直しをするという作業が続いていたが、いよいよ次回(約1月後)は判決期日となる。その後、事務所に戻って準備書面などの起案を少しする。それに、今度日弁連70年史で、60年史から後の10年間の民事訴訟法関係の記事(日弁連の対応などを報告するという内容になる)を書くことになった関係で、50年史、60年史の該当箇所を読む。ただ、50年史と60年史では書かれている内容と姿勢は違っており、70年史もどういう姿勢で書くのか、少し悩ましそうである。

 11月13日(火曜日)午前中は、事務所で少し作業。朝、先週の当番弁護士で担当となった事件の被疑者から接見希望の連絡があったので警察署に接見に行く。職業安定法に関係する事件で、こういう行為までも対象にするのかなど結構気になる事件となる。その関係か接見の時間が1時間以上の長丁場となる。事務所に戻って、70年史の原稿は置いておき、このところ読まずに溜まった判例時報や判例タイムズなどを読む。今日は、ジムに行くことにして早めに終わりにする。


11月14日(水曜日)午前中は、弁論が1件。結局、双方の言い分が相当に違っているため、あっさり次回が人証調期日になることになる。昼は弁護士会での民事手続委員会に出る。その前に少し時間があったので新しい裁判所の近くにある陸軍墓地を見学。裁判所の敷地から5分程度南側の小高い丘の上(住居表示だと谷になる)にある。墓地といっても、大きな石碑が6つ(戊辰戦争から日清、日露戦争、第一次対戦及びシベリア出兵、日中戦争、第二次世界大戦(表示は大東亜戦争)の6つの戦争での戦病死者の慰霊碑)ある。旧裁判所は陸軍第24連隊司令部の置かれていた場所であり、この六本松の南側の谷地区も陸軍の管理する土地であったためにここに建てられたもののようである。
 さて、福岡県弁護士会の民事手続委員会に出たのは、一つにはデジタルフォレンジックに関する研修会(デジタルフォレンジック技術の現在)の開催について、委員会を通して弁護士会の協力を得るための説明のためだった。午後は、少し前の事件尾掘り起こしのための相談。消滅時効の関係などで中途半端になっている事件があり、その整理が結構大変である。夕方からはRCの打ち合わせがあり、これで今日はお終い。

11月15日(木曜日)午前中は、日弁連のIT化検討委員会の資料を見るということに集中。午後は和解成立が1件あり、その後は、午前中の作業の続きをやることで終わる。各地の裁判所でIT化に向けた模擬裁判が実施されている。その場でいくつかの問題点が指摘されているようである。きっと小さなことも含めて予想されていない問題点がいくつか指摘されているようである。そういえば、先週の全労委総会でも、労働委員会規則の改正に関して、当事者の一方が遠距離の場合にTV会議を活用することなども検討対象に入れるべきであるという意見も挙がっていたように思うが、その場合の問題点も当然予測されることで、IT化を巡る問題はつきないように思われる。

11月16日(金曜日)午前中は、相談が1件。その後、昼は警察署に接見。思ったより早く終わり、予定より早く労働委員会へ。いつものように公益委員会と総会に出席。総会では、先週の全国労働委員会総会があたことから、その関係での報告などで1時間びっちりの会議となる。その後、県の労働政策課との協議会。労働相談は県下の労働相談事務所で受け付けており、そこでの労働相談の実体とその相談を労働委員会のあっせんへつなぐためには、どうすれば良いかなどの協議となる。有益なことも多々あった。
 終わって、事務所に戻ったが、ジムに行くつことにして、早く帰ることにする。明日(17日)は、日弁連のIT化検討WGで1日を掛けての集中討議の日なのだが、ロータリーの関係での会合のために欠席することになる。






投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31