弁護士ブログ(日々の出来事)

2018年10月21日 日曜日

今週の1週間(10月15日から19日)

 10月15日(月曜日) 朝は、まずはいつもの作業。メールを見たり、結構忙しい。今日は早めにロータリーに行かなければならないので、午前中はあっという間に終わる。昼が終わった後も少しロータリーの関係での打ち合わせがあり、事務所に戻れたのは4時前になる。その後、先週逮捕された事件ので勾留で、接見禁止が付されたということで、事件とは直接関係の無い緊急の仕事などの仕事面での打合わせもしなければならにということで、私が接見に行くことになる。少し離れた警察所なので面倒なのは間違いない。このため、今日の福岡家裁との協議会には出られない。

 10月16日(火曜日) 昨日までに提出が義務付けられている陳述書(人証調期日まではまだ2週間ある)をなんとか作成する。最後のところで陳述書の内容が微妙に本人のイメージと違うらしい箇所があり、訂正するんもに結構時間がかかる。明日は出せそうである。この他に、まじめに準備書面を作成する。刑事事件は検察庁に弁選を出す。このため、明日には勾留状謄本の請求と接見禁止の一部解除の申立てをすることになりそうである。今日は、早めに終わりにしてジムへ(今週の後半はいけないので)。

 10月17日(水曜日) 明日の午後は労働委員会で半日、夜は接見でつぶれるので、今日は貴重な一日となる。まじめに溜まっている作業をやろうとするが、そういう日には、朝から以前の事件で問い合わせがあったりして、過去の記録を引っ張り出すなどの作業が必要となる。結局、その記録を読みながら記憶をよみがえらせようとすると半日がつぶれる。昨日仕上げた陳述書を裁判所に提出するが、2日遅れとなるものの、相手方からも提出されていない(一安心ということもあるが、2週間後の火曜日なので、相手方の提出が遅くなるととても困ることになる。)。今日1日しかないので、作成できるものは、今日の作成ということで、結構忙しい。結構長くなる準備書面があって、気になっていたのが、初めのところをどのように書き出そうかと考えている(つまり何も書き出せていない)内に、期日が来週に迫ってきたので、とにかく書き始める。10枚程度になりそうなので少し焦る。

 10月18日(木曜日) 午前中しか時間が無い。昨日から書き始めたものの続きを書く。ほとんど時間がないまま午後になり、労働委員会へ。私の担当事件での命令書の合議日(公益委員会議を早めにスタートさせて、その後総会をやり、また公益委員会議に戻る)。半日をフルに使って終わったのが5時過ぎになり、事務所に戻って、刑事の接見へ。このため、特に何もできずに今日は終了。

 10月19日(金曜日) 朝は、接見禁止の一部解除申立てで、事務作業に手間取る(最終的には、午後になって一部解除の決定が出されてほっとする。)。11時の飛行機で羽田へ。今日は日弁連民事裁判委員会。このところの問題は、IT化の問題と証拠法改正の問題。この他に、DV加害者の代理人が被害者の住所を知る場合の制限についての裁判所からの日弁連への事務連絡(DV被害者の住所はDV加害者とされる者には秘匿される。離婚請求等の場合、訴状では住所を書かなくとも(旧住所でも可なのかは不明)、裁判所が、当該市役所に調査嘱託して、裁判所に限りその住所が分かることになる(判決文や強制執行ではどうするのか分からない)。
その後、証拠法の改正についての、法務省、最高裁、日弁連の三者協議をどのようにバックアップするのか少し議論して今日はおしまい。というか今週はおしまい。


投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31