弁護士ブログ(日々の出来事)

2017年11月18日 土曜日

今週の1週間(1月13日から17日)

 11月13日(月曜日) 午前中は、高裁での弁論準備が1件。高裁では、思いがけない時期に裁判官が移動することがある。今回も別の裁判官が地裁の部総括となったため、その後任にに、別の部に継続していた私の事件の担当裁判官が移動。結局、もう一人の陪席裁判官が主任となって対応。もちろん、合議をしているので全く初めてというわけではなく、ある程度分かっていたとは思うが、結構悩んでいる(双方控訴なので、どういう結果もあり得るので、こ知らも真剣である。その後、打ち合わせが1件。今週はなぜだかRCが休みのため、午後もそのまま打ち合わせが2件。5時まで続いて結構疲れた。水曜日からは東京なので、まじめに夜もお仕事をする。


 11月14日(火曜日) 朝、一番に当番弁護士の関係で被疑者に接見に行く予定だったが、警察署に電話をすると、被疑者が何かをしたらしく保護室にいるという。昨朝は、検事調べがあるということで遠慮していたが、昨日の午後に保護室に入れられたらしい。もちろん、弁護士接見は可能だが、結構面倒なのと(留置管理係は明らかに弁護士接見を嫌がっている)別の作業もあったことから、今日は遠慮する(結局、土曜日に接見したが、保護室に入れられた理由は恐れていた警察官への暴行というようなことではなく、ほっとした。)。その後、午前中は弁論準備が1件。和解が成立するかどう課という問題だったが、和解は無理ということで人証調べをすることになる。午後は、いくつかの作業をする。訴状をきちんと書く。訴状に添付する証拠が35くらいになりそうである。被告が争うのがはっきりしているので早めに証拠を付けておく。いつも思うが、どの順番に証拠を並べるかが結構いつも難しい。ただ、多少証拠をきちんと見ておくと、その後が少し楽になるからである。

 11月15日(水曜日) 明日の朝から、全労委総会が東京で行われるため、少しフライングして前日から東京へ。全労委総会の資料を読むことで一日が終わる。16日、17日は、全労委総会への出席で終わる。当然、懇親会が設けられたが(11月は、労働委員会委員の任期満了時でもあるため、今回の全労委総会が最後の出席となる委員もいる)、日馬富士の暴行事件が話題にある。暴行を受けた翌日には、親方も事情を聞いていたはずなのに、脳の損傷が悪化する可能性のある稽古や土俵に上げたのは、安全配慮義務違反なのではないかという話である。いかにも労働委員会委員らしい意見である。



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31