弁護士ブログ(日々の出来事)

2016年12月28日 水曜日

今週の1週間(12月26日から28日)

 12月26日(月曜日) 今週の1週間と言いながら、今週は3日間しかない。まず、26日だが、昨日までは、天皇誕生日からクリスマス3連休だった。何となく疲れた。金曜日(23日)と日曜日(25日)ともに、スポーツクラブに行ったからかもしれない(あるいは、24日、25日、そして26日朝とクリスマスケーキを食べさせ続けられたからかも知れない。)。それと直接関係はないが、事務所のハードデスクがダウンしていてその復旧待ちというのも精神的に良くないように思う。そんなこんなで電話作業で午前中は終わる(それに、年賀状の裏面の内容を何とか作成する。)。昼はRCへ行き、その後は拘置所へ行く。少し長い接見になる。控訴理由書の提出期限が1月10日で少し先のような気がするが、事務所は新年5日からのスタートで、6日の午後は日弁連の委員会のため東京へ向かい、7、8日は週末で、9日は成人の日だから、5日の午後には一応書き上げておかないとまずい。そうすると、5日にもう一度接見にいくとしても、その前に内容と構成を確定させておかなければならないから、まじめな接見となる。薬物事犯なので、贖罪寄付をするとすると、5日に寄付金となる現金を宅下げしてもらわなければならない。事務所に戻って、別の事件の打ち合わせをして、今日はおしまいとする。

 12月27日(火曜日) 昨日に続いて、しばらく連絡をしていなかった交通事故の件で、いくつか電話で連絡をする(これが結構時間がかかる。)。新件もあるが、事故状況の理解が追い付いていかないものもある。記録を読み返してようやく理解できるといったものも多い。破産管財人として不動産譲渡について、司法書士と打ち合わせ。遠方の法務局の事件で、明日の法務局への申請(電子申請)の場合に、上がり謄本は来年になるが、登記申請が年内になるかを確認する(今回は、譲渡の対象が保安林なので固定資産税は事実上問題とならないが、1月1日の登記名義人となるかどうかで固定資産税の納税義務となるかどうかが違うため、結構ナーバスになる。)。もう一つ、家庭裁判所での遺産分割調停調書による相続登記手続きに必要な資料と調書に不可欠な記載内容を確認する。被相続人の住所と現在の不動産登記上の住所地が違う場合に問題となるので、調書に、被相続人の本籍、不動産登記簿上の住所地、最後の住所地の全てを記載してもらうことが必要だということが分かった。そうなると、被相続人の原戸籍の附票(死亡後10年以上が経過しており、途中で電算処理がされている)、除籍の附標で事前に確認する必要があることが分かった。
 今日は、ジムに行く(年末にジムの運営主体が変わるようで、水曜日は休みなので年内は今日が最後となる。)。2時間みっちり頑張る。

 12月28日(水曜日) 午前中は、宅地造成事件で、紹介を受けた土木設計事務所の方に会う。訴訟自体(原審)は、「監理」か「管理」が問題となっっていたのだが、そもそも設計が体をなしていないという点を改めて指摘された。設計という言葉の内容についての理解が十分でなく、裁判所も検討していなかったように思う。原審では、土木の専門委員を入れていたのだが、その点はスルーされていたように思う(原審で、設計としても不十分だという主張を改めてしたところ(正確には、その点も主張していた。)、裁判所から、新たな主張はしないでくれと言われて、びっくりしたが、もともと、被告とされた者が設計の他に、「監理」責任を負うのか、「管理」の責任も負うのかを中心的な争点としていたが、本来、設計者としての責任があるという点での主張が弱かったと反省する(正直なところ、争点整理のために入れた専門委員がその点での問題点を裁判所に全く指摘しなかったのかどうかは、裁判官と専門委員だけでの打ち合わせがどうだったのかが分からないのでなんとも言えない。当事者が明確に主張していないということから、裁判所が争点から落とすとしたので、専門委員がその点を指摘しな買ったのかもしれない。とにかく、弁論準備期日での専門委員の発言が全く無かったので、専門委員が、この訴訟でどのような役割を果たしたのか全く分からない。)。 そういうことで、意見書の作成をお願いする。
 午後に、ハードディスクの復元が終わり、使用可能となった。年内にまた使えるようになって、本当にホッとする。とにかく、良いことで、2016年が終わってよかったと思う。
来年も、皆様に良いことがありますように。




投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31