弁護士ブログ(日々の出来事)

2016年11月26日 土曜日

今週の1週間(11月21日から25日)

 11月21日(月曜日) 午前中は、破産事件の管財人報告書を作成する。昼のRCは、会員の職場訪問例会ということで福岡空港で行われた。普段は見ることができない空港のバックヤードを見学する。福岡空港は大規模工事中なので、その中を案内してもらっており、空港の関係者にも迷惑をおかけしたと思う。午後は、25日に予定されている証人調べの準備でばたばたと過ぎる。証人2人との打ち合わせ。事前に当方で提出している二人の陳述書と相手方証人の陳述書の内容の照合で終わる(証人に意識させておく必要がある。)。並行して、建物の解体撤去に関する事件別の事件での相手方との打ち合わせを行う。その後は、尋問順序などを検討。反対尋問の骨子を考える。

 11月22日(火曜日) 今日は、まじめに記録を読み直すことでほとんど終わる。合わせて、未整理の記録を片付ける。

 11月24日(木曜日) 結構忙しい1日だった。午前中は、急な相談を済ませてから、月曜日の続きでの証人調べの準備。あまり難しい準備はしない。自然に分かりやすく話してもらえばよいという点の念をおす程度である。ただ、反対尋問の関係で、相手方弁護士が事実関係をどのようにとらえていてそれを前提に尋問をするので、質問の意図を間違えて捉えないように(どういう答を希望しているのか)という点だけを注意する。 その後、県の労働委員会との打ち合わせを少ししたら午前中はおしまい。 午後は相続に関する相談。その後、家庭裁判所で相続事件の調停。土地を分割してそれぞれが相続するという内容なので、登記に係わるので慎重にならざるを得ない。思いがけず時間がかかり、5時過ぎに事務所に戻り、その後、RCの会合に出る。

 11月25日(金曜日) 朝から家裁で、離婚調停。次回には成立見込みとなる。事務所に戻って、午後からの尋問の準備を少しだけして、午後からの尋問に臨む。補助参加人からの反対尋問が長く、かなりイライラする。しかも、その反対尋問の意図が全く分からない。全ての点について尋問するという意図のようであったが、それが争点とどのように関係するのか、全く分からなかった。5時過ぎまで終了。疲れた。とうことで、今週はおしまい。今日はジムに行く。 


投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31