弁護士ブログ(日々の出来事)

2016年8月27日 土曜日

今週の1週間(8月22日から26日)

 8月22日(月曜日) 今日は、午後に、建築事件で、建築現場へ行く。1階が店舗、2階が事務所という木造建物である。当方の依頼者は建築会社であり、注文主が、引渡し前に建物を見て、店舗部分などにやり直しを求めた箇所ががあり、その箇所の手直しが無い限り受け取らないと主張した事件。建築会社も一部の手直しをする予定だったが、その手直し工事が適切なのかどうか、建物の基礎自体がおかしいのではないかということで、専門家に見てもらうまでは、手直し工事を拒否している事件である。店舗部分の内装が、これではだめだという主張も強く、引渡し前の手直し工事もその内容でよいのかおづかわからないとされ、内装の一部については、イメージと違うというような話もあって、工事にも入れず、引渡しもできないということで、結局、専門家n位見てもらうことになった。福岡県設計事務所協会の理事2名に立ち会ってもらうことになった。現地では、施主が問題としていた構造には問題が無く、工事の一部にはやり直しが必要な個所があること、当方が提案している手直し工事の内容で問題がないことが分かったが、店舗という観点からすれば、問題があるとされた箇所が指摘された。工事は設計図面通りにできているが、店舗tであるということを考えると、設計段階で、施主の希望をより配慮して説明さいておれば問題にならなかったと思われるという箇所である。設計の際により注意して希望を聞いておいた方がよかったという箇所であるが、法律上は設計上の瑕疵といえるかという問題となる(図面通り工事ができているのであれば、工事での瑕疵とはならない。)。建築会社とすると、工事が図面通りできているのなら、手直し部分の工事が終われば、引渡しを求め、図面にない内装工事や器具の設置の場合は追加工事になってその費用は請求できると理解しているが、設計上の瑕疵ということになれば、少し複雑になるかもしれない(この場合は、契約内容の確定という問題も生じてくる。)。
 ただ、中立的な専門家を最初から入れるというのは、意味があったと思われる(現地に来てもらって、瑕疵の有無(瑕疵も引き渡し後に初めて問題となるもので、今回のように引渡し前に手直し工事を建築会社側で終了させれば問題は残らなくなる。)や工事の相当性を判断してもらい、注文者に基礎工事に欠陥があるなどといった無用な不信感を与えなくてよいという点でのメリットは大きい。他面、調停などと違い、費用の観点から、何度も設計士事務所に立ち会ってもらうこともできないので、1回の立会でかなり詰めたところまで話をまとめる必要があり、事前の準備にかなり手間を要するように思う。
 今日は、RCクラブの納涼会で、博多湾内を1周する。のんびりできてよかった(ただし、そんなに涼しくはない。

 8月23日(火曜日) 今日も暑い一日となる。事務所での作業。午前中は、昨日の現場立会いでの問題点や検討すべき点をもう一度検討。それとは別の内容証明書を作成。今日から新しい事務員さんが入所。暑い中なので、大変だと思うが、楽しく働いてもらいたいと思う。刑事の高裁への控訴趣旨書の提出や、控訴審での書証(示談書など)の提出となるので、検察庁への事前開示などをしてもらう。午後はこのほか相談が1件。そのほかは、だんだん迫ってきた司法シンポの準備作業も進める(実際は、もう少し、関係者との打ち合わせが必要になる。)。明日が早いので、今日は早めに切り上げて、ジムに向かう。

 8月23日(水曜日) 7時代の新幹線で大津に向かう。このところ、東京へ行くことは多いが、関西へは久しぶりとなる。滋賀県へは、通り過ぎることはあっても、そこを目的地とすることはなかったように思う。大津の町は初めてである。裁判は午後からなので、まず、瀬田の唐橋へ。橋の上からボートの練習が見えた。さすがは東レの町である。その後、京阪電車で三井寺駅まで。三井寺を見学。その後、裁判所へ。裁判所は滋賀県庁の近くにある。滋賀県庁の建物は立派だったが、その一帯には、商店街がないというか、店がないのにびっくり。法廷の始まる前に、大津地裁に行って同期同クラスだったYさんに会う。原発裁判で有名になった彼である。日弁連の民事裁判委員会の前委員長としては、彼が考える判断の物差しが事前に双方にはっきり示されていて、双方がそれについて主張をしたうえでの判断かどうかに興味があったので、その点を尋ねたが、その点は、はっきり関電側にも伝えているということだった。彼とは5分の立ち話で終わり、大津家裁へ。せっかくこちらから本人を連れて大津家裁まできたということで、しっかり2時間の弁論準備期日となる。4時に大津の駅を出る。

 8月24日(木曜日) 今日は、午前中の飛行機で羽田へ。日弁連の司法シンポ委員会の正副事務局会議へ出る。8月ということで、飛行機は満席(帰りも同じく満席)。11月5日のシンポ当日のシナリオつくりなどの打ち合わせとなる。結構、詰まっている感じである。とりあえず、やるべき事項とその期限を再度確認する。9月5日には、また上京することになっているが、それまでにどこまで詰められるだろうか、多少不安も残る。

 8月25日(金曜日) 午前中は、結構難しい相談。午後は、民事再生事件での打ち合わせ。その後、刑事事件の打ち合わせ。比較的淡々と終わった一日だった。明日は当番弁護士の担当となっているので、事務所にでるということで、今日は早めに帰り、ジムに行くことにする。








投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31