弁護士ブログ(日々の出来事)

2016年2月19日 金曜日

今週の1週間(2月15日から19日)

 2月15日(月曜日) 午前中は、民事再生事件での遊休不動産の売却の件で打ち合わせ。準備書面を一つ書いたら午前中はおしまい。昼はRCへ。その後は、労働委員会へ。夕方は、修習生を呼び出して一緒に接見に行く。接見が終わったら修習生を返して事務所に戻って少し作業をする。明日は、松山に行くので事務所に寄れないので、作業が必要になった。

 2月16日(火曜日) 今日は、松山へ。日弁連の民事裁判員会が、民事裁判について地方の単位会の実情をするため調査と協議を行うというものである。愛媛弁護士会からは、大熊会長、二人の県会長の参加をいただき、松山での実情を伺う。9時40分初の飛行機は、33人乗りのプロペラ機だったが、労働委員会でご一緒の○○九州大学教授とばったり会う。先生は、九州大学のプログラムで愛媛大学の協力を得て、今回マレーシアから訪日した留学生と九州大学に留学中の学生、日本人の学生が、四国で遍路の体験学習をするということから松山に向かったという事だった。悪天候のため、離陸中も飛行機が横揺れして、なかなかスリリングだった。愛媛弁護士会は、昨年新会館を建て、現在会員は、会館建設費用を月額2万円支払っているということであるが、特に負担の点で大きな不満は出なかったという話だった。
 帰りの飛行機は20時30分というこrとで、今日はこれでおしまい。

 2月17日(水曜日) 修習生もいないため、いくつかたまっていた作業をする。別除権協定書や売買契約書を起案。交通事故事件での相手方保険会社への請求書の具体的内容などを検討する。その後は、刑事の控訴趣意書を書く。

 2月18日(木曜日) 午前中は、知財関係での打ち合わせをみっちりやる。午後は、昨日の続きの控訴趣意書を仕上げる。その御、高裁での和解に出かける。高裁なのであまり時間がない。その後、陳述書の起案を始める。陳述書の名義人の生年や担当業務の内容などの事実関係を確認するなどに時間を取られる。

 2月19日(金曜日) 教から九州大学のエクスターン生が、1週間の予定で来る。一応先に既済の記録を読んでもらい、訴訟の進行などを理解してもらう。社会人経験のある人なので、記録を読むスピードは結構ありそうだし、文章もきちんと書けるようである。
  午前中は、相談が1件。午後は、昨日の高裁の和解事件の件で、依頼者に来てもらい、協議をする。高裁なので決断を要する。決める力があるかどうか。その後、家裁での電話会議。昨日から持越しの珍陳述書の続きを作る。
 



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31