弁護士ブログ(日々の出来事)

2016年1月15日 金曜日

今週の1週間(1月12日から15日)

 1月12日(火曜日) 3連休明けで、そろそろ仕事をきちんとやらなければならない。ところが、民事再生事件の債権の認否とその後の処理に時間がかかっている。午前中は、提出が迫っていた準備書面を書き上げる。とにかく取り掛かるのが簡単な仕事から始める。昼は、RCのメーキャップ。午後は明日の家裁の調停(相続)の準備(是非とも明日には調停を成立させたい。)。その他のいくつかの準備をしておしまい。

 1月13日(水曜日) 午前中は、家裁での調停。相続税の申告日(10ケ月以内)が迫っていたので、今日の期日で成立させたかった。申告書にほかの相続人の印鑑が必要なため、申告書の控えを見せることになったが、相続税の申告書と家裁での遺産分割調停の遺産の内容に10万円程度の差が生じており(費用の味方が微妙に違う。)、その説明画面どうかと思っていたが、調停委員かrなお説明がうまくいったのか、その点は特に問題もなく成立(ほかの点が問題となり、結構成立には手間とった。午後は、別件の遺産分割の相談。やはり疑問点がたくさん出てきて時間が相談に時間がかかる。家裁での調停か地裁での通常訴訟かで微妙なところがあり、難しい。その後は、蝋度に関する相談が1件あって、今日はお仕舞(妻の誕生日)。

 1月14日(木曜日) 午前中は、労働委員会での命令書の起案の修正で終わる。午後は、民事再生事件の各リース会社との間での継続するリース契約とその際の途中で支払いをしていない分の支払い条件などを詰めたり、物件処分による再生債権の一部取り下げを求めるなどの作業(交渉)を行う。そのほか、関係者への回答書などを起案。

 1月15日(金曜日) 午前中は、別除権権との別除権協定の成立に向けての打ち合わせ。概ね良好だが、監督委員に対する説明方法などw考えなければならない。また、裁判所から準備書面の提出を督促され、バタバタと起案して送る(相手からの書面は、この日の夕方送られてきた。)。
 午後は、民事再生事件での債権届出がされる。民法715条に基づく1億円の請求。添付資料に訴状の写しが付けられており、その検討に時間を取られる。そういうことで、今週はおしまい。寒い1週間だった。
 



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2018年3月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31