弁護士ブログ(日々の出来事)

2015年5月22日 金曜日

今週の1週間(5月18日から22日)

 5月18日(月曜日) 午前中は労働委員会のあっせん。ほとんどまとまりそうだttが、最後に不成立となる。昼はRC兵器、午後はまた労働委員会へ(定例の会議)。その後、裁判所で民事手続き協議会の打ち合わせ。(作業部会)、
 
 5月19日(火曜日) 午前中から打ち合わせを入れる。その合間を縫って陳述書を作る。今月中に3通の陳述書を作るのは大変である。当然だがいずれもその人の人証調べを前提としていうrので大変である。夕方までに1通はかけたが、きっと手直しが必要だと思う。

 5月20日(水曜日) 午前中は、日弁連の基盤整備部会の打ち合わせを2時間。午後はyはり断続的に打ち合わせを入れる。夕方から、台湾のRCとの交流会。

 5月21日(木曜日) 午前中は、債権者集会(当方が申立人代理人)の事件で、受任から申し立てまでに時間を要した点が問題とされる。自分の申立て事件では、自分なりに問題点を洗い出して一応の説明がついてから申し立てを行うことから申立てまでに時間がかかる。この点は、破産要件(支払不能)を充足したらすぐに申し立てを行わなければならないという意見があり、裁判所もそのような運用を求めているとも聞く。他方で、裁判所内部では申し立てがされるが、申立代理人の準備不足で裁判所が困っているという話もあるようである。バランスの問題かもしれないが、個人的にはきちんと調べてから申し立てをしたい(破産の原因や状況を自分なりに理解したいと思っている。)がどうだろうか。
 午後は、法廷が1件で、残りの時間は陳述書の作成に充てる。今日は遅くなったが、スポーツジムに行く。

 5月22日(金曜日) 午前中は、破産の債権者集会(破産管財人の事件)。不動産の売却ができそうで、配当のめどが付き嬉しい。時間を見ながら、もう1通の陳述書を仕上げる。午後は高裁での弁論準備。その後、控訴理由書の作成にかかる。来週で控訴から50日となるので時間がない。来週は、2回、日弁連に行くので、時間がなさそうである。、控訴審からの受任なので、基本的な事実関係が分からない(その点が原審でどのように扱われたのかが分からない(ある論点いついては、双方で当然の前提となっていたのか、それとも単にスルーされたのかなど)。



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30