弁護士ブログ(日々の出来事)

2014年12月 6日 土曜日

今週の1週間(12月1日から5日)

 12月1日(月曜日) 今日から12月。12月1日から新年度(2015年)の手帳を使うことにしている。裁判での次回期日を入れるが、来年になることが多いので新しい手帳に書き込む方が便利だからである(二つの手帳に書くと必ず誤りがある。)。 このため、手帳だけだが12月1日から気分は新年である(気持ちが改める。)。
 午前中は久留米支部へ。境界確定事件だが、所有権にも関係するので和解を考える。午後はRCの後、破産の債権者集会(自然人で1回で終了。)。その後、高裁で刑事事件(国選)の記録を読んで謄写申請。4時に事務所に帰ってきて次週(11日)の期日のための準備書面を書く(控訴審のため、一応のことはすでに書いているが、補充したほうが良いような個所もあるの書く始める。

 12月2日(火曜日) 午前中は3件目の債権者用の報告書の作成に着手。並行して昨日からの準備書面の続きを書く。そうしているうちに相手から求釈明が出る。このためその点も書き加えることにする。途中に相談が1件(町内会の規約などの問題なので結構難しい。1時間を取られる)。今日から寒くなった。

 12月3日(水曜日) 午前中は相談1件。途中で入る相談を聞きながら、昨日の続きの債権者集会用の報告書を書く。午後もその続きと遺言作成の件で公証人役場と打ち合わせる(連絡用のメモを作成して日時を決める。)。その後、月曜日申請していた刑事事件の謄写が完了したのと昨日被告人からの手紙が来ていたので拘置所へ行く(今日は福岡県弁護士会の臨時総会のためか拘置所に接見のために来ている弁護士が少ない。)。事務所に戻って夫婦関係の問題での相談(相手にも来てもらって協議する(2時間コースとなる。)。

 12月4日(木曜日) 午前中、裁判所で電話会議。その後、依頼者と一緒に契約書を1時間ほどかけて読み直す。午後は1週間後に期日のあるもう1件(こちらも控訴事件で双方控訴)について相手から控訴理由書が届いたので反論を書く準備をする。事実関係が複雑なので、もう一度記録を読み直す必要がある(当方の控訴状の提出時に控訴理由もある程度詳しく書いておいたが、相手から出された控訴理由書も読むと、やはりある程度書き加えないと控訴審の裁判所が理解しにくいところがあると感じられ、もう一度わかりやすく書くことにする。夕方、3件目の破産事件の破産者を呼んで話を聞く。事実関係を確認すると、騙されて共同事業者として5000万円近くを事業のために出演させられ、さらに事業を継続するために銀行などから借り入れを起こさせられたことが破産原因のように思えるが、もう一つ事実関係がつかめない。今日はスポーツクラブに行くことにする。

 12月5日(金曜日) 朝1時間ほどかけて顧問先の相談に応じる。その後は昨日の続きをする。今日は、5時30分から日弁連民事裁判員会と最高裁民事局との協議が予定されているので、2時の飛行機で羽田に向かう。ところが飛行機が1時間遅れる。このため、日弁連に着くのが5時20分になる。ただ羽田空港から505分で日弁連17階に着いたのは途中の便が良かったこともあって最短時間となる(京急線急行羽田空港16時39分発、都営三田線で内幸町で降りて歩いて17時20分着)。
 



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31