弁護士ブログ(日々の出来事)

2014年4月26日 土曜日

今週の1週間(4月21日から25日)

今週は、初夏を思わせる1週間だった。

4月21日(月曜日) 午前中は労働委員会。不当労働行為の審査事件。審査事件の場合でも、将来の労使関係を見据えた協議ができる関係の構築を目指した話し合いによる解決ができるのであれば、それが望ましい。そういう関係を期待する案件だった。昼はRCへ行く。その後、定款規定の見直しを検討する。午後は、長い時間がかかってようやく終了した事件の報酬額について、計算書と説明書を作るが、これがなかなか難しい。

4月22日(火曜日) 午前中は打ち合わせが2件。午後は拘置所へ接見に行く。その後、帰ってきて破産事件の記録を検討する。

4月23日(水曜日) 午前中は、相談が2件。午後は家裁へ行く。離婚調停事件だが、前回よりも相手の要求が高くなっており、解決が遠のく。夕方は、新しい事務員さんの歓迎会。

4月24日(木曜日) 午前中は書類の整理や電話相談などで終了。午後は法廷が2件。1件は簡裁控訴事件。終結して次回判決となる。もう1件は労働審判事件。3回目なので、調停が成立しなければ決定になるかどうかの瀬戸際だったが、結局調停成立でおわる。

4月25日(金曜日) 午前中は、民事事件が1件。相手方からの書面と証拠が前日午後に届き、ほとんど検討ができないまま期日を迎える。弁論準備期日で釈明を求めながら、次回までの準備すべき内容を決める。午後は労働委員会。あっせん事件で、あっせんの相手方(通常は雇用主側)があっせんに出るのか出ないのかはっきりさせない場合があることから、それへの対応策を検討する。無意味に時間をかけることは、事務を担当する事務局の負担にもなるので、どこかで線引きが必要となろう。、



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31