弁護士ブログ(日々の出来事)

2014年3月29日 土曜日

今週の1週間(3月24日から28日)

 3月24日(月曜日) 午前中は、午後からの労働審判の準備。相手から答弁書が出されたのが木曜日で、金曜日が春分の日などで、答弁書に対する準備書面の作成は無理だと思っていたが、3回で終わる労働審判では相手の主張が出たままというのはやはりまずいと思って準備書面を作成する(答弁書で持ち出された論点について口頭で答えることも可能だが、裁判官以外の審判官には、書面を交えて説明した方が分かりやすいので準備書面を作る(時間外勤務手当にかかわるので説明は書面を併用した方が分かりやすいし、インパクトもある。土曜日に下書きはしていたので依頼者の意見を聞いて手直しする。)。それで、あわてて準備して午後からの労働審判に臨む。
 労働審判は2年ぶりなので、福岡地裁でのやり方が変わったのかと思ったが、最初の双方からのプレゼンなど変化はなかった。プレゼンのためには、、やはり、午前中に準備書面を作っておいてよかったと思ったのは事実である。
今日は、RCは観桜会で夜間例会だったので、昼間の時間が使えて助かった(残念ながら、桜には少し早過ぎた。)。

 3月25日(火曜日) 午前中は家裁へ。離婚訴訟事件。被告欠席だが終結できない(当然である。)。問題は次回期日の進行。被告の欠席の可能性を前提に人証請求を準備することとなる。そのために陳述書を作成することとなる。昨日の労働審判用を加えると2通を作成しないといけない。午後は、陳述書の準備。

 3月26日(水曜日) 午前中はフランチャイズ事件で2時間程の打ち合わせ。午後は和解が1件(ただし不成立で終結。5月の判決となる)。その後2時間ほどかかった打ち合わせ。午前の打ち合わせと合わせるとかなり内容の濃い打ち合わせとなる。その後、午前中のフランチャイズ事件での調査。このHPのアドレスを乗せた新しい名刺が届く(消費税アップ前の駆け込みの機会に作り直したもので一種の消費税対策となっている。前のもの比べると少しマイルドになっている。)

 3月27日(木曜日) 日弁連の民事裁判委員会。いつものとおり8時の飛行機に乗る。4時前に終了して、同志社大学法科大学院の高橋宏司教授(国際私法、国際民事手続法、国際取引法、イギリス法)から、イギリスにおける債務者の財産についての一般的保全、それにかかわる債務者財産開示義務と債権者によるyる第三者への調査権限示などのお話を伺う(日本法とは前提が違う点もあり、感覚的にすぐには理解できないところがある。その後、最高裁民事局との協議会。

 3月28日(金曜日)午前中に福岡に戻る。午後は刑事事件が1件。故意を否認する否認事件で、書証の一部を不同意とする。このため、次回が検察官立証となるなど、次回以降の進行の打ち合わせで終了する。事務所に戻って書類を整理しているうちに一日が終わる。職員が今日で退職。長い期間ではなかったがきちんと仕事をしていただいた。心から感謝している。こちらの都合で送別会は来週となってしまった。、

 



投稿者 あさひ共同法律事務所

カテゴリ一覧

カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31